IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シーン別視線を感じる時の相手の心理と気持ち・男女差がある

コミュニケーション

ふとした時、誰かからの視線を感じることはありませんか。普段の日常の中で行き交う視線に込められた意味やその心理について深く理解すると、人間関係を円滑にするヒントが得られます。視線を感じることの意味や相手の心理を、シーン別・男女別に、詳しく解説していきます。

更新日時:

シーン別視線を感じる時の相手の心理

誰かからの視線を感じる場面はさまざまです。例えばそれは電車やバスの中、オフィスや学校で、何となく外を歩いている時、など視線を感じることがあるでしょう。普段の日常の中で送られているその視線の意味を、シーン別にご紹介します。

大勢の場

大勢の人が集まっている中で、誰かからの視線を感じる時、その視線にはどんな意味があるのでしょう。 あなたに話しかけるでもなく用事もないのに、2秒以上の視線を感じるのであれば、何らかの感情を抱いているのは確実と言えます。しかしこれだけでは、それが好意なのか敵意なのか、一体何の感情を持っていての視線なのかは、まだ詳しくはわかりません。 視線を感じると思った時、その相手を見ると慌てる様子で目を逸らす場合や、目が泳いでいたり、恥ずかしそうにしている場合は、好意を持っているのは確実でしょう。 何事もなかったようにスッと視線を横に逸らすだけの場合は、たまたま視線の先にあなたがいたという状況だっただけの可能性が高いですので、そのシチュエーションだと特別な感情は抱いていない可能性が高いです。 数秒間目が合ったままだと、何らかの強い思いを抱いているのかもしれません。

会話中

トピック1011514/要素1852875

会話中に視線を感じる場合についてみていきます。 人と話をするときに相手の目を見るのは至極自然なことだと思いがちですが、会話中にあまり目を合わさない人も、中には結構いるものです。目を合わさない人の心理として、二つ挙げられます。 まず一つ目は、相手に関心が無いことを示しています。会話の内容も適当に聞いている場合が多いでしょう。目の前にいる相手と、その話の内容に関心を示していれば、自然と目は合うものです。 そして二つ目は、恥ずかしい感情がある場合にも、目をそらしがちです。これは好意を抱いている証拠です。恥ずかしそうにしているのかどうかを、表情や顔色などから窺ってみましょう。 やはりしっかりと目を見て話すことが、一番相手に対して関心が高い証拠で、それは誠意や好意などの良い感情であることが多いです。

男女別視線を感じる相手の気持ち

ここで、視線を感じる相手の気持ちを、男女別にみていきましょう。

好意

トピック1011514/要素1854086

異性からの視線を感じると、それがもし好意のものであるならば、きっと素直に嬉しいものです。男性の好意は、女性よりもとてもわかりやすいです。 男性は好意を抱いている相手にはついつい視線を送ってしまい、じっと見つめることが多いです。とてもわかりやすい行動ですが、男性は女性よりも感情に関して単純にできているためです。 女性は男性に反し、じっと見つめているからと言って好意を抱いているとは限りません。目を合わせた時に表情なども合わせて注目してみる必要があるでしょう。女性の心理は男性と比べやはり複雑である為、好意を視線だけで汲み取るにはわかりにくい場面があるといえます。

性格

性格に関しては男女共通に、不自然なまでに目を合わせないのは、恥ずかしがっているシャイであることが多いです。もしくは、人に無関心である表れでもあります。 これも男女共通で、よく人と目を合わし、会話を交わす人は社交的で、基本的に人に対していつも興味を抱いている人が多くみられます。又は、つい人の顔色を窺ってしまうような心配性である、あるいは気遣いに溢れた優しい性格であることも見受けられます。

会話

会話の中でも前述した事と同じ様なことが言えますが、しっかりと目を見て話すことは、相手に興味を示しているサインになります。 会話中にしっかりと視線を送る男女別の特徴としては、男性は話を聞いているときに相手の目を見る傾向にあり、女性は自分が話をしているときに相手の目を見る傾向にあります。これは、女性の方が「自分の話を聞いてほしい」という欲求が強い表れとも言えます。

視線を送る

特定の相手にただ視線を送る人の気持ちには、どんなものがあるのでしょう。 男性の場合は、女性の好みには視覚情報が優位になる傾向にあり、やはり好みの女性や魅力的だと思う女性に関しては、よく視線を送ることが多いです。興味のない相手に関しては視線を送ることはまず少ないでしょう。どこからか男性からの視線を感じる時があれば、まず好意を抱かれているのは間違いないと思って良いでしょう。 女性の場合はうって変わり、好意を抱く男性に対しては直視できない傾向にあります。好みの男性に視線を送ってしまうのですが、いざ目が合ってしまいそうになると、そらしてしまうのです。特に何の感情も抱いていない男性と目を合わすことは簡単にできてしまうのに、意識した男性だと素直に視線を送れない、複雑な女心が顕著に表れています。

視線の心理は男女差がある

同じ人間と言えど、行動心理において男女には予想以上に大きな差があるものです。詳しく見ていきましょう。

瞳孔

瞳孔とは、いわゆる「瞳」のことですが、黒目の真ん中のより黒い部分になります。日本人の黒目だとわかりにくいですが、色素の薄い目だとわかりやすく、上記の画像のようなブルーアイだと瞳孔がよく見えます。 男女とも、人は好きなものを見ると瞳孔が開きます。男女別の特徴としては、男性は例えば女性の裸などの性的なものを見ると瞳孔が全開になります。露出が激しかったりグラマーな体型の女性が、男性から多くの視線を感じることが多いのも、頷けます。 対して女性は、男性の性的なものを見たからと言って瞳孔が開くわけではありません。あまり興味が無いものには、瞳孔は開かないのです。好きな人の好きな仕草であったり、赤ちゃんを見たときに開く傾向にあります。男性の方が、本能に忠実な働きをします。

視線の意味

視線を感じるとき、ふとその視線を送っている人に対し、「一体この人は何でこちらを見ていたのだろう?」と意味を探ってしまうことがあるでしょう。 目をそらさずにじっと見つめている場合、男性だとそれが好意のしるしであることが多いのですが、女性の場合は特に深い意味はない場合があるので、勘違いをしないように注意が必要です。

勘違い

前述した通り、視線を感じる時にその視線の意味を必要以上に探ってしまい、勘違いに陥ることも、よくあることです。特に男性に多い傾向にあります。女性からの視線を感じると、自分のことが好きなのではないか、と気になってしまい、勘違いの末につい有頂天になってしまいがちです。 視線を感じる時は、まずその相手と目を合わせましょう。目をそらさないようであれば、少し微笑んでみましょう。微笑み返してくれた場合は、男女共にその視線に込められていたものは好意なのだと、確信していいでしょう。 目をそらす場合も、恥ずかしそうにしている様子ならば少なくとも意識はしているのでしょう。顔を赤らめていた場合などは、期待を大きく持ってもいいかもしれません。真顔で何事もなかったようにすぐ目をそらすのであれば、好意があるかないかはまだわかりませんので、早とちりしないように気を付けましょう。

誰かからの視線を感じると思ったら

「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、視線を感じるということは、そのほとんどがあなたに興味を示している、そして好意的であることが多いです。もし誰かからの視線を感じることがあれば、ぜひとも相手と目を合わせて、微笑んでみてください。目を合わせて微笑まれると、嫌な気持ちを抱く人はほとんどいないので、円滑な人間関係を築けることは間違いないでしょう。 もし視線を感じる相手が、自分も好意を抱いていたり気になっている人であれば尚更です。つい恥ずかしくて視線をそらしてしまうこともあるかもしれませんが、コミュニケーションの場で人の目をしっかりと見るということは、その人と良い関係を構築したいという意欲の表れでもあります。 人見知りで口下手でコミュニケーション能力が低いと感じている人でも、「相手の目を見る、目を見て話す、目を見て聞く」ことを心がけるだけで、きっと状況は良い方向に変わります。普段伏し目がちな人は、視線を上げるとそれだけでも明るく見えます。「視線を感じると思ったら、とりあえず顔を上げて微笑む」を、ぜひ実践してみてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)