IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ニートの女性が気になること・働くこと・年代別ニートの現状

転職ノウハウ

働かなくてはいけないのは分かっているけれど、働きたくない!だって実家がラクだもん。正直ニートに憧れる。心の底から誰かに養って欲しいと思っているニート女子の生態とは。ニート女子が陥る思考・ライフスタイル・予想される将来・ニート女子脱出方法についてまとめました。

更新日時:

ニートの女性が気になること

ブログが気になる

ニートの女性は毎日が充実している人のブログが気になります。「新しい化粧品を買った」「流行の洋服を買った」「気になっていたカフェに行ってきた」など、リア充っぷりをアピールしている有名芸能人や友達のブログやSNSが気になります。 本当は見たくもないけれど、ついついチェックしてしまう。本当は自分も買い物にも行きたいし、遊びにも出かけたいけれど、そんなお金もないし何より出かけることが面倒くさいのがニートの女性の本音です。他人のブログを見て羨ましいと思いながらも自分はいいやと諦めています。

ニートだから結婚したい!

「専業主婦ってラクそう」「旦那さんに養って欲しいから」というそんな甘い考えで結婚したいと考えているニートの女性は多いかも知れません。働かずしてお金が入ってくる、そんな素晴らしい人生は誰しもが羨みます。 しかし、専業主婦は決してラクではありませんし、結婚生活は二人で作り上げるものなので金銭的な部分も二人で考えていきましょう。そもそも、今年度は40代年収300万円台が過去最高という数字が出たばかりです。旦那さんに頼ってばかりでは基本的な日常生活もままならないかも知れません。 正社員としてバリバリ頑張らなくても、パート・アルバイトで働き続ければ外に出る機会も増えますし、金銭的にも余裕ができます。

このままではダメって分かってはいるけれど

仕事もうまく決まらず恋人とも続かない、友達は結婚して子どもが大きくなっていくのに、どんどん差が開いてしまい、一人焦ってしまいます。ニート生活が続き、落ち込むたびに負の思考がループしていませんか。 親と同居していますか。家族を大切に思うことと、脛をかじることは別物。転職が成功するまでの期間など、割り切って同居しない限りずるずると一緒に生活することになります。実家は居心地が良いですが、家族に甘えて生活していることが自立できない要因のひとつでしょう。

高学歴ニート女子はプライドが邪魔をする!

高学歴ニート女子は、プライドが邪魔をしてなかなか行動に移すことができません。就職活動の最中に会社を選ぶときも、恋人を選ぶときも「自分に釣りあう」ことを視野に入れて考えています。常に自分が優位に立ち、利益を得ることを考えているので、なかなかうまくいきません。 高学歴ニート女子は、就職しても即刻自分が高い地位で働くことを無意識のうちに望んでいます。しかし、実際はそんなことあり得ません。高学歴女子であろうと、他の新入社員と同じ扱いです。 恋人を選ぶ段階でもそうですが、イケメンや高学歴男子にしか目もくれないニート女子になっていませんか。自分のことを棚に上げるのが一番みっともないので、高学歴であることは素晴らしいですが、自分のことは下げて世間を見渡しましょう。

婚活に乗り出してみた

ニート女子のあなた、平行線で婚活に乗り出していませんか。何のために婚活しているのですか。また、婚活するにあたって、何をPRポイントにするのですか。 「現在無職です」と、堂々と自己紹介できますか。また、どうして無職なのか、理由があっての無職なのか系統立てて話せますか。相手は理由なきニート女性に冷たく接するでしょう。 もし結婚を考えている女性が、「ただ働きたくないからニートしている」と言うのであれば、たちまち破談になるでしょう。男性の収入目的の婚活や、女性が一生ニートできそうな結婚生活は夢のまた夢のお話です。

ひとり立ちの第一歩 一人暮らしを始めてみよう

毎日の炊事洗濯掃除のお手伝いをしていますか。家族で分担したら感じないかも知れませんが、一人でこなすとなると結構大変です。ニートでも女性なら、家の手伝いぐらいしている人も多いでしょう。 家族のありがたみがわかるのが一人暮らしを始めた時です。さあ、思い切って一人暮らしを始めてみましょう。毎日何気なく食べていた食事やきちんと畳まれた洗濯物、掃除された部屋は家族の誰かがあなたの代わりに担っていた家事です。 ニートのあなたは部屋にいることが多かったので、見て見ぬふりをしていたことでしょう。あなたの部屋の外は、いつも誰かがいて、家をきれいにして過ごしやすく保っています。一人の時間を確保したいと考えて部屋に籠りきりでいるのですか。でしたら、一人暮らしを始めてみてはどうでしょうか。今の自分から抜け出す第一歩です。

ニートの女性が考える働くということ

脱ニート!オススメのアルバイト

・コンビニエンスストア 募集も多く、24時間営業しているので、ライフスタイルに合った時間で働けます。近年では2名以上のスタッフでシフトを組むので、深夜に女性一人になることもなくなりました。 コンビニの利用者滞在時間は約5分と短いので、一人一人に接客する時間は短いものの、多くの客数をこなす必要があります。 人と接することを避けてきたニート生活に区切りを打ちたいのなら、飛び込みやすい場所です。コンビニ自体の需要も高いので、パート主婦も多くいます。ニート女子は何かと世話を焼かれ、第2のお母さんができるでしょう。 ・清掃員 ホテルや郊外のショッピングセンターで見かける清掃員のアルバイトです。黙々と仕事をこなすことが好きな人に向いています。施設利用者の間を縫って掃除をしていくのですが、やってもやっても終わりが見えないのが難点です。 比較的時給も良いですし、単独作業が多いので、人と会話をするのが苦手な人にオススメです。力仕事もありますが、フロアの埃を取ったり、トイレの清掃が主なので、体力の少ないニート女子でも十分戦力になります。 ・テレフォンアポイトメンター 時給が高く、人と会うことが無いけれど、コミュニケーション能力が求められる仕事です。社会復帰できそうだと思えるようになったら、需要が高いこのアルバイトをオススメします。 高い商品知識と利用者のニーズに一期一会で応えられる能力を求められますので、オタク気質の人にオススメです。女性が多いのがこの職場の特徴です。 ・飲食店のキッチンスタッフ 時給が高く、募集も多いアルバイトです。同じ店舗のクルーもいるのである程度のコミュニケーションは欠かせませんが、調理工程を覚える中で家庭でも生かせるレシピがあったり、賄いが付いていたりと何かと特典があるのが飲食店の良さです。キッチンなので、店舗クルー間で人間関係が終わるのも話下手なニート女子には嬉しい限りです。

働きたくないニート女子たち

働きたくないニート女子たちは、さまざまな理由で現在に至ります。第一新卒の就活に失敗したから、ズルズルと来てしまったのでしょうか。就職・転職を繰り返すたびに労働意欲が落ちてしまったのでしょうか。 転職を図って勤務先を辞めたものの、次の会社が上手く決まらず、履歴書を何枚も書くうちに挫折してしまったのでしょうか。昔働いていた時の貯金があるからまだ大丈夫と考えてのニート生活なのでしょうか。 経済的に問題が無ければ良いですが、金銭的問題はあなたが生きている限り一生付いて回る問題です。生きているだけでお金はかかります。あなたが今生きているのは、どこから出たお金のおかげなのでしょうか。

就職を視野に入れて!

ニート女子たちの楽しみは何ですか。毎日のブログチェックでしょうか。押しのSNSチェックは欠かせない日課です。他には何かありますか。本が好きな人は図書館でも借りられますが、ファッションに関心がある人は定価では難しいですがSNSやマルシェを利用して安価でお気に入りの洋服を見つけることができます。 他には何でしょうか。ニートだからと言って、何もしてはいけない訳ではありません。好きなことをやりたいし、お金を使いたいと考えます。好きなことにお金を使うために、周囲は働いています。 漫画を買うのも、CDを買うのも、ライブに行くのも、全部欲しいものを買うために、好きなことを充実させたいがためにみんな一生懸命に働いていると思えば、みんな戦友のような気がして少しは気が晴れるでしょう。

ハローワークに行ってみよう

噂には聞くけれども、実際のハローワークってどういう所なのでしょうか。求人を募る事業所と求職者を仲介する機関がハローワークです。ここには多種多様な求人が集まりますので、自分だけでは見つけられないような求人と出会うことができます。 また、職員が常駐していますので、事業所に問い合わせを行ってくれたり、その他親身の相談に乗ってくれたりします。毎日多くの求人が出る代わりに、求職者が一堂に閲覧・申込みできるので、求職中は面倒くさがらず足しげく通うことをオススメします。

履歴書に書ける職歴がない場合

学生時代や社会人になってアルバイト経験がある場合、その経歴を書きましょう。どんな内容で何を勉強できたか、どんなことが身に付いたかなど、分けて記入しましょう。 もしアルバイト経験もなく、就職経験もなければ、資格欄と自己PR欄で自分をアピールしましょう。学生時代に頑張った部活や、取った資格、趣味が思わぬ形で仕事に生かせるかも知れません。

年代別 ニート女子の現状

ニート女子 20代中盤

20代のニート女子たちはどうしてニートなのでしょうか。「どうせなら正社員で働きたい」からニートのままなのでしょうか。働く意欲があるのであれば、アルバイトでも派遣でもいいので、今すぐ働くことを推奨します。 残念ですが、ニートに市場価値はありません。年齢を重ねれば重ねるだけ、労働者としての価値が落ちます。職業訓練も受けず年齢を重ねているニートに価値はないです。その人材を採用するなら他の人を取ります。 若いからこそまだ立て直しがききます。バイタリティがある今だからこそ、必死で仕事を探して、資格を取ることをオススメします。20代なんて、あっという間に過ぎ去ります。

働けない 働かないニート40代女性

本来ならニートは学生でもなく、職業訓練も受けていない無職で労働意欲のない若年層のことを指していましたが、近年ではその若年層が40代まで後退し、ニートのまま40代になってしまった人が多く存在します。 自分探しや好きなことに夢中になり過ぎて、「昔と同じような気持ち」でいたら40代になってしまい、パート・アルバイトで若い頃は生活できていたのに、現在は体力がある若者を優先して採用するので不採用が続きます。こんなはずじゃなかった、と思うのなら、今すぐ独り立ちできるスキルを身に着けましょう。

分岐点とも言われる35歳

35歳までに転職に成功しないと人生設計が難しくなる、という実しやかな噂を耳にしたことがありますか。昇進や昇給を視野に入れて計画した場合、最低でも35歳までに転職を成功させないとそれは望めないと言われています。 現在では初婚の平均年齢も後退しているので、35歳女性でも未婚率は高くなっています。未婚で仕事をバリバリこなしている女性は、自身のキャリア形成に余念がないでしょうか、ニート女子はどうでしょうか。そういう友人がいたらどうしますか。 35歳がギリギリ引き返せる年齢ではないでしょうか。パートでもアルバイトでも派遣でも、数時間でも労働時間に割くことを強く推奨します。そろそろ、数年前の自分と比べて体力や体系、肌質の変化に実感が出てくるころ。夢見ることを止めて自分の年齢と向き合っていくべきでしょう。

働くということ

生きることと労働は密接な関係にあります。働きたくなくても働かなくてはならないというのが現状でしょう。ストレスフルな現代社会で苦汁を舐め続けることは苦痛で仕方がありません。 どうしても辛いときは休憩しましょう。ですがそのままリタイアしてしまっては勿体ないです。自分の人生を自分で狂わせるようなものです。少しお休みしたら、ゆっくりで良いので必ず社会復帰しましょう。仕事選びも慎重に、自分のライフバランスが取れる形で生活できるように整えていきましょう。

アクセスランキング