IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

制作と製作の違い・使い分け|保育/アニメ/映画/本など

ビジネスマナー

「制作」と「製作」、どちらも似た意味で使われますが実は異なる意味があり、使い分けされていることをご存知でしたでしょうか。漢字の由来を紐解けばその違いが理解でき、適切に使い分けることができます。制作なのか、製作なのか、違いが理解できるときっと楽しいはずです。

更新日時:

制作と製作の違いとは何か?

日本語には同音異義語がたくさんありますよね。「制作」と「製作」もその一つです。どちらもなにかを作るときに使われますが実は異なる意味を持っていることをご存じだったでしょうか。 間違って使っていると意図が伝わらず誤解が生じたり、学のある人からは無知だとバカにされたりするでしょう。意味を理解した上で「制作」と「製作」を正しく使い分けることはあなたにとってとても重要なことです。 正しく使い分けるためにはそれぞれの意味を知る必要があります。漢字の意味はその由来を紐解くことできっと分かります。そこでまず「制作」と「製作」の漢字の由来から見てみることにしましょう。

制作の由来

大修館書店発行の新漢語林によると、「制」という漢字は「未」に部首のりっとうが付いてできた漢字からの派生語です。「未」とは木の枝を表し、りっとうは刀を表します。つまり余分な枝を刀でそぎ落として何か別の形のものを作るさまを「制」という漢字で表したのです。これに「作」を付けることで、手を加えてオリジナルな別のものを生み出す行為を表す漢字を「制作」としたのです。

製作の由来

「製」は「制」からさらに派生した漢字です。衣がついているとおり、この漢字には衣服を仕立てるために布を裁つような動作が関係していました。「裁つ」とは紙や布などをある寸法に切ることを言います。つまり寸法を測るものさしやメジャー、寸法を布上または型紙上に書くチョークや作図用具、布を裁断するための道具、これらを使った動作を表したのが「製」です。したがって「製作」とは道具や機械を使って画一的で実用的な品をつくるさまを表しているのです。

制作と製作の違い

漢字の由来から「制作」とは独創的なものをつくることを表し、「製作」とは機械や道具を使って画一的なものをつくることを表していることが分かります。 小学館発行の大辞泉にも同様の意味が記されています。「制作」は芸術作品などを作ること、「製作」は道具や機械などを使って品物を作ることと明記されています。したがって「制作」は工芸品や芸術品のような作品をつくるときに使い、「製作」は工業品などを作るときに使うのが適切だということです。

制作と製作の具体的な使い分け

「制作」と「製作」の違いが分かったところで具体的な使い分けを説明しましょう。作っているものや業界、会社の関わり方などによって使い方が違ってきます。適切に使い分けて微妙なニュアンスが伝わらなかったり、誤って伝わることがないように注意してください。特にものづくりに携わっている方はぜひ参考にしてください。

映画・アニメ・TV番組

映画、アニメ、TV番組をつくる場合の制作者と製作者は異なります。 映画、アニメ、TV番組はある種の芸術作品でもあるため作品を実際に現場でつくる人や会社のことを「制作者」「制作会社」と言います。 一方、作品の企画立案、製作費の出資などを行う映画配給会社、広告代理店、出版社、テレビ局など著作権を有している人や会社は「製作者」「製作会社」と言います。また制作会社であっても製作費の出資などを行うことによって「製作者」「製作会社」になりえます。 例えば崖の上野ポニョでは、制作会社はスタジオジブリ、製作会社は日本テレビ、電通、博報堂DYメディアパートナーズなどとなっています。 ただし実際には作品のジャンル、業務の煩雑化、テレビ局の方針などによって使い分けはやや不明瞭になってきています。例えば娯楽作品は芸術性が乏しいため現場の作業も「製作」と言ったりします。反対に演劇では企画者や出資者との事務的なやりとりも「制作」と呼んでいたりします。

舞台芸術

舞台芸術においても映画やアニメ同様に「制作」と「製作」は使い分けられています。 舞台公演のスタッフ、演者、脚本家、監督などは「制作」サイドの人たちになります。また舞台公演への出資者や著作権を有している会社は「製作」サイドになります。 例えば1981年ホリプロ制作のブロードウェミュージカル「ピーターパン」ではピーターパン役の榊原郁恵さん、演出の福田善之さんらは「制作」サイド、冠スポンサーの江崎グリコは「製作」サイドとなります。これらは製作クレジットを見るとよく分かります。

ハンドメイド

ハンドメイドの作品においても「制作」と「製作」は使い分けられます。分類ポイントは作品が芸術性の高いものか、芸術性よりも実用性の高いものかになります。 例えばあなたがバッグをハンドメイドで作ったとします。あなたが好みの生地を選び、デザインも自分で考えて、作ったものだとすればそれは世界に一つだけのバッグなので「制作」と言います。しかし本を見ながら素材をそろえて作ったバッグは統一規格で作られているので「製作」と言います。

書籍が販売されるまでのプロセスには原稿執筆、入稿、印刷・製本があります。このプロセスにおいて原稿執筆は著者の創造的作業なので「制作」です。入稿、印刷・製本は出版社の単一的作業なので「製作」になります。つまり著者は制作者であり、出版社は製作会社になります。

ゲーム

ゲームにおいては映画やアニメと同様に使い分けることができます。ゲームを作りに関わった人たちや開発元がゲーム制作者やゲーム制作会社と言われています。一方、ゲームを作るために出資している会社や著作権を持つ会社をゲーム製作会社と言っています。

ドラゴンクエスト11のオフィシャルWebサイトを見てみますと、ゲームデザインシナリオの堀井雄二、キャラクターデザインの鳥山明、音楽のすぎやまこういちは制作スタッフとされ、株式会社スクエア・エニックスは制作・販売とされています。製作会社についての明記はありませんが、著作権は株式会社スクエア・エニックスに帰属すると書かれていますのでドラクエ11の製作会社も株式会社スクエア・エニックスと言うことが出来ます。

一方、ポケットモンスターシリーズは少しややこしいです。制作会社は株式会社ゲームフリークとオフィシャルWebサイトにも書かれています。しかし著作権は株式会社ポケモンにありますので製作会社は株式会社ポケモンになるのでしょう。ただし株式会社ポケモンは任天堂株式会社、株式会社クリーチャーズ、株式会社ゲームフリーク3社の共同出資により設立された会社なので株式会社ゲームフリークスが製作会社といっても間違いとは断定できかねます。

Web

インターネット上に存在するいろいろなWebサイトは無形物であり、道具や機械を用いてつくりだされる有形物とは異なります。またデザインも作者のセンスが反映されたものであるため芸術性が強いと言えます。そのため一般的には「制作」という漢字が多く用いられています。 しかし最近ではHPビルダーのようなWebサイト作成ソフトなどもあり、ある程度決められたデザインとプロセスでWebサイトを作ることも出来ます。このようなWebサイトに対しても「制作」という漢字が最適かどうかは議論の余地があります。

お菓子

お菓子作りの場合には「制作」や「製作」はほとんど用いられないでしょう。家で個人が作る場合には「お菓子作り」と言いますし、企業がお菓子をつくることは一般に「製造」と言います。 「製作」は道具や機械などを使って品物をつくることを表します。「製造」は原料に手を加えて製品にすることを表します。そのためお菓子をつくる際には「製造」のほうが適切です。

アクセサリー

アクセサリーには2つの種類があります。手作りのものと量産されたものです。手作りのアクセサリーには「制作」のほうが適切でしょう。量産されたアクセサリーには「製作」のほうが適当でしょう。 ただし手作りのものでも本を見て指示通りに作られたものはオリジナリティがなく、芸術性に欠けると言えるため「製作」のほうが適当だと言えます。

図画工作

小学校の授業にある図画工作でも絵を描いたり、造形物を作ったりします。 文科省の学習指導要覧によると図画工作の目標は「表現及び鑑賞の活動を通して,感性を働かせながら,つくりだす喜びを味わうようにするとともに,造形的な創造活動の基礎的な能力を培い,豊かな情操を養う。」となっています。創造活動を養うための創作活動なので「制作」のほうが適切でしょう。 しかし図工においてはゼンマイ式の車のおもちゃや電池で動くロボットなどは教科書通りにつくるため「製作」のほうが適切でしょう。

作成と作製の違い

「制作」「製作」と似た意味の漢字に「作成」と「作製」があります。例えば「プレゼン資料を(さくせい)する」「設計図を(さくせい)する」などの場合にはどちらを使うのが適当でしょうか。 「成」の由来は「戉(まさかり)」と「丁」が合わさった漢字だと言われています。まさかりで敵を平定する意味から、ある事柄がなることを意味しているのです。そのため「作成」とは何か目的のものを作るという行動を表しているのです。現在では主に書類や文章を作るときに用いられます。 一方「作製」は物品や図面などを道具を使って作ることを表します。したがって「プレゼン資料を作成する」「設計図を作製する」が適切です。

では、「製作」と「作製」の違いは何でしょうか。これはほぼ同意で使われます。「設計図を製作する」「設計図を作製する」どちらも使われます。 ただし別の漢字を付随して使う場合には若干ニュアンスが異なります。例えば「映画を自主製作する」とはよく聞きますが、「映画を自主作製する」とはあまり聞きません。意味はおそらく伝わりますが状況に応じて使い分けたほうが良いでしょう。この使い分けは漢字の持つ意味では分別できないので慣習的に学んでいくことが必要です。

制作と製作の違い、分かりましたか?

普段何気なく使っている同音異義語の漢字。「制作」と「製作」のようにどちらも似た意味で使う場合が多いですが、実は意味が異なっており、きちんと使い分けがされているのです。自分が何を制作するのか、この商品は誰が製作したのか、など適切に漢字を使い分けるときっと楽しいはずです。ぜひこれからも上手な感じの使い分けに取り組んでください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)