IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

第二新卒におすすめの転職サイト15社比較

転職ノウハウ

第二新卒で転職を目指す方におすすめの転職サイトをご紹介します。それぞれメリット、デメリットなど特徴がありますのであなたの希望に合った転職サイトに登録してください。適切なサイトを利用すれば第二新卒でもきっと最高の仕事が見つかります。

更新日時:

第二新卒向け転職サイトの紹介

第二新卒で転職を考えている方のためにここでは16つの転職サイトを紹介します。ぜひ、参考にしてください。

リクルート・エージェント

リクルート・エージェントは株式会社リクルートキャリアが運営している転職サイトです。求人の質・量が圧倒的で、幅広い求職者に対応しており、サポートや特に面接対策が充実しています。 また、Uターン転職や、第二新卒、狭い業界での転職、高齢での転職など、他の転職エージェントではなかなか見つけてもらえない場合も、リクルートエージェントであれば案件が見つかるとの評判です。 一方で、担当者の当たり外れが大きかったり、とにかく転職を決めることを強く勧めてくるといった口コミが見受けられます。初めて転職される第二新卒求職者は流されないように気を付けましょう。

DODA(デューダ)

DODAは、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(旧・インテリジェンス)が運営する転職サイトです。求人件数が非常に多く、希望の会社、職種、勤務地、給与など様々な条件に適した案件が見つかります。また、サポートサービスもしっかりしており、第二新卒でも受かりやすい職務経歴書の書き方・面接対策は好評です。 しかし、案件数が多い分聞いたことのない企業もヒットするでしょう。大手企業や有名企業へのステップアップ求めている第二新卒者などには物足りないでしょう。

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、イギリス発の日系転職エージェントサービスです。グローバルのハイキャリア案件に強く、学歴、語学力、スペシャルなスキルなどハイスペックな方向けのサービスです。能力に自信のある第二新卒者に向いていると言えるでしょう。 この転職サイトでは、外資系の高年収・ハイキャリア案件が多く紹介されています。また、一人の担当者が企業・応募者の両方を担当してくれるため、意思疎通が取りやすいメリットがあります。さらに、求人の詳細や企業の内情をよく知った上で提案してくれます。 しかし、紹介される案件はコンサルタントによって選定されてから提案されるため、自分で色々調査・検討してみたい方には不向きでしょう。

パソナキャリア

大手人材派遣会社パソナの社内カンパニーであるパソナキャリアは、リクルート・エージェントやDODAに比べると、まだまだ認知度の低い転職サイトです。それが故に、アドバイザー一人が抱える登録者も少なく丁寧に対応してもらえます。転職が初めての方、第二新卒におすすめされている転職サイトでしょう。 応募者の学歴、経歴、スキルに関係なく親切丁寧に転職サポートが受けられる特徴があります。職務経歴書や履歴書などの選考書類の添削から、面接対策などプロの視点で適切に指摘してくれます。また電話・メールでの対応も素早く急ぎの場合でも安心です。 しかし、大手転職サイトと比較すると案件が少なく、希望の業種や職種の案件が見つからないでしょう。

Spring転職エージェント(アデコ)

世界でも有数の総合人材企業であるアデコが運営するSpring転職エージェントは、業界でも大手の転職サイトです。アデコが外資系企業で世界中に事業所を設けているため、外資系案件を豊富に取り扱っています。語学力を活かしたい第二新卒の方の利用も多いです。 JACリクルートメント同様に、一人のコンサルタントが転職応募者と企業の両方を担当するため、応募者の要望をこぼすことなく企業に伝えることができます。そのため、ミスマッチが起きにくいのが特徴です。また、独自のネットワークを活かして非公開の外資系求人情報も持っています。 ただし国内の転職サイトほどサポートが手厚くないという声も聞きます。 サポートは要らないので求人情報だけほしいという方にはおすすめの転職サイトです。

エンエージェント

エンエージェントは、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社エン・ジャパン株式会社が運営する転職サイトです。初めての転職には特に親身に相談に載ってくれるため、第二新卒者にはおすすめです。また、独自の取り組みとして「3Eテスト」という適性試験(性格診断テスト)も用意されています。 しかし、特に大手企業の求人は少ないです。大手転職サイトと併用して利用することをおすすめします。

type転職エージェント

株式会社キャリアデザインセンターが運営するtype転職エージェントは、老舗転職サイトです。求人数自体は少ないのですが魅力的な非公開求人を取り扱っており、年収アップなどを目指した第二新卒者にはおすすめです。またサポートも丁寧です。応募者からしっかりとヒアリングした上でアドバイスをしてくれる点も魅力の一つです。 ただし求人にやや偏りがあり、都心部の案件を多く取り扱っています。地方や地元で働きたい方は良い求人を見つけることが難しいでしょう。さらに、職種にも偏りがあります。営業やIT系の職種には強いようですが、その他の職種になると弱いです。大都市圏で営業職やSE職として働きたい方にはおすすめの転職サイトと言えるでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職サイトです。株式会社マイナビはマイナビ転職も運営していますがサービス内容が異なります。マーナビエージェントでは、全体の求人の内約8割が非公開求人となっています。さらに、業界に特化した専任のキャリアアドバイザーからのサポートも受けられます。 マイナビエージェントは、大手企業から中小企業まで幅広い求人を扱っています。この転職支援事業はリクルートよりも後発のため、マイナビエージェントでは積極的に企業から求人を確保しようと営業活動をかけています。このため、非公開の含めて幅広い案件が確保できています。また、専任のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、第二新卒には安心です。 ただし、新卒で採用した人もコンサルタントとして在籍しており、担当コンサルタントに当たり外れがあるようです。急速に事業を拡大しているがゆえに、採用が追い付いていない可能性があります。非公開求人情報は得られますので、初めて転職される第二新卒の方は他の転職サイトと併用すると良いでしょう。

ワークポート

2003年に設立されたまだあまり知られていない総合人材紹介サービス会社、株式会社ワークポートは、最近第二新卒者に人気の転職サイトを運営しています。人気の理由は、ITキャリアに特化した案件を扱っているからです。2000年以降IT業界で働きたい人が急増しています。 そのため、大手からベンチャーまで幅広いIT企業と強いコネクションを持つワークポートのサービスは多くの転職希望者に受け入れられています。また、事務的なヒアリングはなく、案件を数多く提案してくれる特徴があります。 ただし的外れな案件も多いので、自分に合った案件を探し出す手間はかかります。また、サポートはあまり無いので、別の転職サイトと併用して利用するほうが安心でしょう。

アイデムスマートエージェント

株式会社アイデムが運営する転職サイト、アイデムエージェントは、第二新卒には特におすすめです。転職支援事業は、まだ浅いので求人数は多くありません。しかしまだ利用者も多くないので、コンサルタント一人に対する登録者数が少なく、親切丁寧なサポートが受けられます。転職が初めてで不安という第二新卒者には好ましいサービスでしょう。

エリートネットワーク

正社員専門の人材紹介会社エリートネットワークは、ハイキャリアな案件が多く第二新卒者には敷居の高い転職サイトでしょう。外資系企業も含めて、マネージャークラスの求人や年収1000万以上の求人など希少価値の高い案件を取り扱っています。 また、年収が高い案件が多いためそのほとんどが都内に集中しています。Uターン希望者にはあまり向かないでしょう。

ロバート・ウォルターズ

英国ロンドンに本社のあるロバート・ウォルターズの日本支社、ロバート・ウォルターズ・ジャパンは、バイリンガルスペシャリストに特化した人材紹介会社です。グローバル企業に転職したい方にはおすすめですが、第二新卒者にはハードルの高い案件が多く揃っています。 外資系企業の求人については、JACリクルートメントなども強いですが、ロバート・ウォルターズはコンサルタント全員がバイリンガルであるため、専門性が高い特徴があります。また、日系企業と違って選考スピードが早いのも特徴の一つです。 しかし、バイリンガルに特化した案件がほとんどであるため、生半可な英語レベルや業務実績では紹介される案件もありませんのでご注意ください。また、コンサルタントによっては実績目的で無理に案件を押し付ける場合もあります。ネイティブと同等に話せる英語力を持った方にはぜひおすすめしますが、そうでなければ登録は避けたほうが良いでしょう。

マイケルペイジ

イギリス創業のマイケルペイジは、グローバル企業にスペシャリストを正社員、契約社員、派遣社員として紹介するリクルーティング会社です。世界でも有数の人材ビジネスを展開しており、40年以上の実績もある老舗転職サイトであるマイケルペイジは語学力と高いスキルのある第二新卒者にはおすすめです。 また、外資系特有のスピード感があり、早めに転職先を見つけたい方にもおすすめです。ただし、こちらも国内のエージェントほど丁寧なサポートは期待できません。親身になって転職相談にのってほしい方にはおすすめできません。

ハタラクティブ

レバレジーズ株式会社が運営するハタラクティブは、若い世代をターゲットにした転職サイトです。フリーター・既卒・第二新卒の方に向いたサービスになっています。学歴や職歴を問わず、未経験歓迎の案件を多数取り扱っており、第二新卒特化型としては最大手となっています。サポートサービスも充実しており、職務経歴書の添削や、面接練習を丁寧にやってくれます。 この反面、高収入、キャリアアップを求める方は不満を感じるでしょう。また、関東圏の案件が多いので地方勤務を望む方には適していないでしょう。

転職エージェントneo

株式会社ネオキャリアが運営する転職エージェントneoは、第二新卒でキャリアアップを目指している方にはおすすめできる転職サイトです。しかし、求人案件の質・量ともにあまり期待できないという口コミもあります。メインの転職サイトとして利用するよりは、補助的な役割で利用することをおすすめします。

ランスタッド

アデコグループに次ぐ世界第2位の蘭・ランスタッド・ホールディングは、日本でも転職サイトを開設しています。口コミの評判は良いようなのですが、求人案件の質・量ともに良くないと評価する利用者が多くいます。 また、サポートもあまり積極的ではないため、外資志望の第二新卒者であればJACリクルートメントやSpring転職エージェント(アデコ)の方がマッチした案件が見つかるでしょう。

第二新卒におすすめの転職サイト比較

第二新卒向け求人数が多い転職サイト・少ない転職サイト

国内最大手のリクルート・エージェントとDODAの求人は、大手有名企業からベンチャー企業まで、幅広い求人を取り扱っています。第二新卒でも数多くの選択肢が得られるでしょう。 また、外資系企業を狙いたい方にはSpring転職エージェントもおすすめします。世界60カ国に拠点を持つ転職サイトですので、そのネットワークや経験を活かして希望に見合う案件を見つけてくれるでしょう。 一方、ランスタッド、ハタラクティブ、アイデムスマートエージェントは、求人の質・量ともに難があります。ランスタッドは、世界最大級の人材ビジネス会社ですが日本はまだ弱く、求人数が少ないです。ハタラクティブは、第二新卒や若年層の転職希望者をターゲットに未経験歓迎求人が多いのですが、質の高い案件は多くありません。 アイデムスマートエージェントは、まだ転職エージェント事業を始めて浅いため用意できる案件数が少ないのでしょう。しかし、サポート体制はしっかりしているので求人数の多い転職サイトと合わせて利用すると、第二新卒者は安心して転職活動が進められるでしょう。

第二新卒への提案力が高い転職サイト・低い転職サイト

JACリクルートメントの提案力には定評があります。外資系・国内企業のグローバルポジションを中心に、ハイキャリアな案件を提案してくれるので、キャリアアップを狙う第二新卒者にはおすすめです。 また、リクルート・エージェント、Spring転職エージェント、エンエージェントも初めての転職者対応に慣れているため、しっかりしたヒアリングと積極的な提案を行ってくれます。一方、アイデムスマートエージェントは国内求人案件が少なく第二新卒で転職を考えている方への提案力はいまいちです。 エリートネットワークも提案力で見劣りします。この転職サイトは、ハイキャリア案件に特化しているため第二新卒に提案できる案件は多くありません。

第二新卒への対応が好評な転職サイト・不評な転職サイト

パソナキャリアはパソナの経営理念「誰もが自由に好きな仕事を選択し、一人ひとりの人生設計にあわせた働き方ができる社会を築く」がグループ全体に根付いており、登録利用者一人一人に親身に向き合った対応をしてくれます。 また、エンエージェントもサポート対応には定評があります。求人数がネックなのでパソナキャリアと併用して利用することで、第二新卒者でも安心して転職活動に臨めるでしょう。一方、ランスタッド、マイケルペイジ、ロバートウォルターズの対応は不評です。 国内の転職サイトと違って外資系では、書類添削や面接準備などの対応はコンサルティング業務に含まれていません。外資系企業への転職を望む第二新卒者以外は対応に不満を抱くでした

第二新卒からの評判が良い転職サイト・悪い転職サイト

総合的に見て、第二新卒者からの評判が最も良い転職サイトは、国内最大手のリクルートエージェントでしょう。業界に関わらず幅広い求人案件を保有しており、対応も親切丁寧です。口コミ評価も好意的なコメントが多く見られます。 DODAも第二新卒には評判の良い転職サイトです。こちらも求人数、サポート対応ともにしっかりとしており、口コミ評価が非常に良い転職サイトになっています。この他に第二新卒に評判の良い転職サイトはJACリクルートメント、パソナキャリア、Spring転職エージェントです。 反対に第二新卒からの評判が良くない転職サイトは、ランスタッド、マイケルペイジ、ロバートウォルターズの外資系です。ただし、これらの転職サイトはグローバル企業に強い特徴があります。そのため、語学力のある方やハイキャリアを狙う方には好評です。

第二新卒者が転職サイトを選ぶためのポイント

転職サイトには大きく分けて2種類あります。業界に限らず幅広い案件を扱う総合型転職サイトと業界・職種を絞った案件を扱う専門型転職サイトです。総合型転職サイトでは、今あなたが興味のある分野と適性がありそうな分野の両方を提案してくれます。 そのため、キャリアの浅い第二新卒者でも可能性が広がります。専門型転職サイトは、ある業界に特化した強みを持つ転職サイトです。専門とする業界の知識やトレンドを押さえているため、業界特有の面接対策や書類添削などを行ってくれます。

どちらの転職サイトにもメリットがありますので、初めて転職される第二新卒の方はぜひ両方登録してうまく活用しましょう。

それぞれの転職サイトを選ぶポイントは「あなたが希望するポジション(役職、給与など)」と「希望する業界」です。 例えば、「年収500万円、国内IT業界」を希望する方は、以下の4つに登録すると希望にマッチした案件が見つかりやすいでしょう。 ・総合型転職サイト:リクルートエージェント、DODA、パソナキャリア ・専門型転職サイト:ワークポート また例えば、「年収1000万円以上、外資系企業」を希望する方は、以下の4つに登録するとスムーズに転職活動が進むでしょう。 ・総合型転職サイト:JACリクルートメント、エリートネットワーク ・専門型転職サイト:マイケルペイジ、ロバート・ウォルターズ

第二新卒でも転職サイトをうまく選べばきっと成功します!

第二新卒で転職を考えている若手求職者にとって転職活動は不安があるでしょう。しかし、転職サイトをうまく活用すれば、きっとあなたにマッチした仕事が見つかります。第二新卒だからと弱気になる必要はありません。各転職サイトの特徴を活かして、コンサルタントとコミュニケーションを図りながら最高の転職活動を実現させてください。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)