IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職で勇気が出ない時の対処法・勇気を付ける方法

転職ノウハウ

転職しようかなと考えてはいても、勇気が出ず、なかなか行動に移せない…。そんな悩みを抱える人の声をよく聞きます。この記事では、今の仕事や転職に関してモヤモヤした気持ちを抱える人に向けた情報をご紹介します。転職活動の流れや勇気を出す方法の参考にしてみてください。

更新日時:

転職活動中の注意点としては、次のようなことが考えられます。

転職で勇気が出ないときの対処法は?

転職したい!でも勇気がなかなか出ない…

社会人として何年も経験を積んできた人であれば、何回かは「勇気を出し今の仕事を辞めて、別の仕事に就きたい」と転職を考えたことがあるのではないでしょうか。ですが、勇気が出ずに「今の環境でもなんとか頑張れない訳ではないし、転職はやめて、もう少し頑張ってみようかな」と自分に言い聞かせ、そのままでいる人も少なくはありません。 「辞めたいな、どうしようかな」という気持ちを抱えながら仕事を続けていくことは勇気を出すよりもつらいことですし、あなたの周りの人にも嫌々働いているようすは伝わってしまいます。こんなもやもやした気持ちを吹き飛ばし、勇気をだすにはどうしたらいいのでしょうか。

最初に考えるべきことは2つ

転職を考えたときには、まず「10年後の自分が今の仕事でどのように働いているか」をイメージしてみましょう。思い浮かべてみて、自分の理想とする働き方やそれに近い働き方ができているかを確認してみてください。 10年後というとあなた自身の仕事以外の環境もかなり変わっていますし、仕事でもある程度のキャリアを積んでいるころです。 今あなたがどんなに「勇気を出して転職したい」と考えていたとしても、それが仕事を始めたばかりの新人期間中のためであれば、今後のあなたの頑張り次第でキャリアアップし、将来希望する仕事を任せてもらえる可能性があります。今の仕事を頑張ることで経験やスキルを高められ、理想とする未来に近づけるのであれば、今は現在の仕事を頑張ることをお勧めします。

次に考えたいのは、「今あなたが会社を辞めたいと思っている原因をクリアするのにかかる時間がどれくらいか」ということです。10年後の自分を考えた時に「自分さえ我慢して、もっと頑張ればこの状況は変わるかも」と思うかもしれません。 あなたが頑張り屋さんであればあるほど、自分の実現したいことにほど遠い仕事をしていても「もう少し私が頑張ればなんとかなる」と考えることをストップしてしまうのです。 そう思うこと自体は、あなたが自分に厳しい人であることの証ですし、良いことです。ですが、考え方によっては注意が必要なケースもあります。

注意が必要なケース

例えば、あなたがもし直属の上司との関係が破綻してしまい、辞めよう悩んでいる場合「もし、あの上司が異動になれば活躍できるかも」と考えるのは少し危険です。 もし、その上司が3年以上たっても異同する気配がない場合、あなたの時間はどうなるのでしょうか。1・2年で解決が見込めそうなのであれば現状で頑張ることも1つの手ですが、多くの人事異動は予測できないことがほとんどです。 このように問題の解決に多くの年数を要してしまうようであれば、少し考え方を変えてみるといいかもしれません。

転職で時間を買ってみよう

よく「時は金なり」と言われますよね。このことわざの通り、あなたの時間は有限なもので、永遠には続きません。勇気を出して転職したいと考える原因の解決に何年もの時間がいる場合、転職で人生の時間を買ってみると考える方法があります。勇気のいる転職活動はもちろん大変な時期もありますが、努力することで得た「自分らしく働く充実した時間」には変えられないものです。 ですので、先ほどのような上司との関係修復が難しいケースや希望する人事異動が見込めない場合は転職して新たな関係を構築したり、希望する業務に近い職に転職した方が時間を有益に使えるかもしれません。

不安な気持ちになってしまうのはなぜ?

転職サイト「DODA」が5000人に対して行った調査でも、転職を考えているが行動できていない理由として「不安」が多く、「勇気」がでないことを挙げています。では、なぜ転職を考えると勇気が出ず、不安な気持ちになってしまうのでしょうか。それには2つの要因があります。

「転職」に不安がある場合

転職には誰しも不安が付きまとい、勇気を出すのを邪魔します。それは、転職先で自分が周囲の人と上手くやっていけるのかであったり、思ったような仕事を担当できるのかといった新しい会社での不安があるからです。 未来については、予知能力がない限り、絶対的な保証はありません。不安を解消し、勇気を出すためには納得して入社できるよう不安の種を少しずつ減らしていくしかありません。このタイプの不安には情報収集して、納得できる材料を少しでも増やしていくことが大切です。

「転職活動に不安がある場合」

対して、勇気のいる転職活動に不安がある場合は希望の会社が見つかるのかどうかや、今の仕事と転職活動を両立できるのかといった活動がスムーズに行くかの不安になります。 この不安に対しては実際に就職活動をしてみることが勇気を出すコツです。例えば、楽器の練習方法や奏法に関してたくさんの知識を持っていたとしても、実際に楽器を吹いて練習してみないことには何も身に付きません。 これと同じように就職活動も情報収集をすることも大切ですが、まずは勇気を出して活動を始めてみないことには不安は解消されません。自分の強みを見つける、履歴書を書く、希望する企業を見つけるなど、1つひとつ達成していくことで勇気がわいてくるでしょう。

まずは転職したいと思う理由を書き出してみよう

上記の2つ以外にも不安がある場合、頭の中で考えているだけでは、自分が今何に悩んでいるのかすらもわからなくなってしまいます。頭がごちゃごちゃして勇気が出ない時は、紙に今の自分の気持ちを書き出す方法を試してみましょう。紙に自分の理想とする考え方をまとめ、自分の考えを整理することで客観的に考えることができます。客観的に捉えることで前向きな気持ちになれ、勇気も湧いてきます。

転職後の自分の姿を想像してみよう

勇気をだして行う転職を考える時に「転職後の自分」をイメージするのは、とても大切なことになります。具体的には、勇気を出した転職後に身につくスキルや経験、自分の目指す働き方にどれだけ近づけるか考えてみましょう。また、職種を大幅に変える場合はその仕事内容について情報収集を抜かりなく行い、転職後のギャップが起こらないようにしましょう。

転職への勇気をつけるいい方法はあるの?

考えてはみたけれどやっぱりまだ不安な人や勇気が出ない人は、次の3つの方法を試してみましょう。

勇気を出して転職したことで得られるメリットを考えてみよう

勇気をだして転職を考えていても勇気が出ないのは、転職の悪い面ばかりが浮かんでいるからかもしれません。そんな時は勇気を出し転職することで得られるメリットにも目を向けてみましょう。勇気を出した先に待っている新しい人との出会いや、理想とする仕事をイメージするだけでも気分が上がって、前向きな気持ちになれます。

転職について信頼できる人や尊敬する人に相談してみよう

人は言葉にすることで自分の考えていることを整理できるという側面を持っています。勇気が出ないとき、もちろん1人で考える時間も大切ですが、信頼できる人や尊敬できる人に相談してみることもいい方法です。 「この人の考え方が好きだな」「この人は私の理想とする働き方に近い活動をしているな」と思うあなたが信頼できる人に転職を考えていることを勇気を出して相談してみましょう。ただ、同じ会社の人は避けた方が好ましいです。なぜなら、あなたの決断が決まらないうちに情報がもれてしまう可能性もあるからです。 人は案外相談されたり、頼られたりすると嬉しいものです。相談することで新しい考えにも触れることができます。

ストレスは自分を変える力になると考えてみよう

スタンフォード大学で行われた研究では、ストレス自体は悪いものではなく、「ストレスが体に悪いと思い込んでいること」が体の不調やだるさを引き起こすと言われています。勇気のいる転職活動には、ストレスがつきものではありますが、考え方を変えるだけで心を軽くすることができます。 今のストレスは自分を成長させてくれるものと考えて、行動してみると、勇気が出てきますよ。

具体的な転職の流れをイメージしてみよう

転職への勇気が出ないのは未来への道筋が見えないから

では、そもそもなぜ転職への勇気がでないのか考えていきましょう。人は予測できないことに対して不安を感じる傾向があります。 「勇気を出して転職活動をはじめたら、私の生活はどうなるのだろう」「きちんと生活していけるのだろうか」と先行きの見えない不安が募り、勇気を出すのを邪魔しているのです。 ですので、不安を解消し、勇気を出すためには「転職活動の流れ」を具体的にイメージし、未来への道筋を理解すればいいのです。 では、転職の流れをイメージするために必要なことは何でしょうか。それは、情報収集をきちんと行うことです。

情報収集を徹底して行おう

具体的に勇気をだす転職をイメージするために必要なことは、何といっても情報収集です。あなたが希望する職種は、イメージだけで決めてしまっていませんか? 例えば、多いのが公務員です。「安定していそうだし、楽そう」などとイメージだけで選択してしまい、実際の職務内容とのギャップに再度転職を繰り返してしまう人が多いと言われています。 このようにイメージだけでの選択を防ぐためには、どのように情報収集をしていけばいいのでしょうか。

評判が良い転職サイトを見つけよう

情報収集をするには、まずは評判が良い転職サイトを閲覧することがオススメです。なぜなら、転職サイトには求人広告だけでなく、各企業の特色や転職活動のノウハウなど、たくさんの情報が載っているからです。 例えば、勇気をだした転職活動で自分をアピールしたいけど「自分の良さ」が分からない場合は、転職サイトのアンケートに答えるだけで「あなたの強み」をピックアップしてくれるコーナーもあります。 何より、転職に特化したサイトであるため、あなたに必要な情報がギュッと詰まっています。では、どの転職サイトを閲覧すればいいのでしょうか。オススメの転職サイトを場合別に5つご紹介します。

オススメ転職サイト1 内緒で転職活動をしたい場合

勇気を出して転職活動をするうえで、今の会社や同僚に知られずに活動を進めたいと考える人は意外と多くいます。特に、よく知られている転職サイトの場合、登録情報を会社の人に見られたらどうしようと考えてしまいます。 ですが、そういった心配はほぼないことが多いです。なぜなら、転職サイトは採用側に対して個人を特定するほどの情報を見れないようにしているためです。 それでも心配になってしまう方は、「レジュメ公開ブロック」機能のある「リクナビNEXT」がいいです。また、転職エージェントの「DODA」のスカウトサービスにも「スカウトブロック機能」があるので安心です。

オススメ転職サイト2 自分に向けられたオファーが欲しい場合

勇気のいr転職活動は自分で進めていくことが前提とはわかっていても、どうしても助けをもらいたい、自分の活動と同時に個別にオファーをしたいと考えることはよくあることです。また、オファーの数やどこからオファーが来たかによって自分の市場価値を確認するという考え方もあります。 そんな考えを持っている方にお勧めしたいのが「リクナビNEXT」です。企業が転職希望者に対してメールを送る「オファーメール」の機能は多くの転職サイトにありますが、「リクナビNEXT」は3種類のオファー機能が搭載されています。 特に「プライベートオファー機能」がお勧めです。この機能は、多くの転職サイトにあるような「条件にあった転職希望者に自動でメールを送るもの」とは異なり、企業が気になった人に個別かつ手動でオファーするものになっています。

オススメ転職サイト3 希望する条件を満たす求人情報をすぐに知りたい場合

「せっかく勇気を出して転職するのだから…」と転職先へのこだわりや条件は多く、複雑になってしまいます。ですが、そのような検索条件を毎度入力するのは本当に面倒です。 そんな方にお勧めなのが、「検索条件を保存」することが可能な転職サイトがお勧めです。 例えば、「リクナビNEXT」であれば、会員登録をしていれば検索結果画面で簡単に検索条件の登録が可能です。さらに嬉しいのが、ここで保存した検索条件は毎週お知らせメールで受け取ることができるのです。 サイトに頻繁にアクセスしなくとも、希望する職種の求人が閲覧できるのはありがたいですよね。

オススメ転職サイト4 ハイクラスな求人情報を閲覧したい場合

ハイクラスの求人の場合、ヘッドハンターからのスカウトが多いことが特徴です。 例えば、リクルート社が運営する「キャリアパーカー」といったものは匿名のレジュメを登録すれば、非公開のハイクラス求人からのスカウトを紹介してもらえる可能性があります。 「キャリアパーカー」は年収600万円以上のハイクラスな求人を扱っており、求人数も豊富です。なお、このサービスは無料で利用することができます。

オススメ転職サイト5 大手の転職サイトでサポートを受けたい

1人で転職活動を進めていくのには何かと勇気がでずに、不安になってしまいますよね。相談をしながら転職活動を進めていきたい人には転職アドバイザーが在籍しているサイトがお勧めです。 例えば、「DODA」なら専任のアドバイザーに加えて、企業の人事と精通した採用プロジェクト担当者がサポートしてくれます。 アドバイザーの在籍人数で選びたいなら「リクルートエージェント」です。総勢450人以上のキャリアアドバイザーが在籍しています。 これなら勇気も湧いてきますね。

信頼できるアドバイザーを見つけよう

もう1つ情報収集を行っていく上でオススメの情報源があります。それは、勇気のいる転職を専門とする「転職アドバイザー」に相談することです。転職アドバイザーはあなたの今後の人生、これからの希望を広く視野に入れて最適なアドバイスをしてくれます。 転職サイトによっては無料で転職アドバイザーに相談できるところもありますので、ぜひ相談してみてください。また、アドバイザーによって得意な業界が異なる場合がありますので、何人かに相談して「この人なら」と思える信頼できる人を見つけることがカギとなります。

転職活動の失敗例から学ぼう

転職活動に失敗しないためには?

勇気を出して転職してたのにも関わらず、失敗してしまったらとても悲しいですよね。人のふりを見て我がふり直すために、事例と解決策をいくつかご紹介します。 勇気を出して転職する際の参考になさってください。

失敗ケース1 転職活動が長引いてしまう

現在のお仕事と両立して転職活動をされている場合、平日の面接時間が確保できず、なかなか時間を割けない場合があります。その結果、就職活動が長引いてしまっているのが今回のケースです。 企業の面接は平日に行われることがほとんどです。時間を空けづらいとしても、企業はこの面接日程の管理も人物を評価するための要素として見ています。 この失敗を防ぐにはあらかじめ平日の時間が確保できるように準備をする必要があります。例えば、休みを1日だけいただいて数社まとめて面接を受けるなどの方法があります。

失敗ケース2 希望する会社が見つからない

最初から1つに絞り込む必要はありません。仕事内容をよく見て、自分に合った企業を見つけましょう。 自分に合った企業を選ぶためには、とにかく気になる求人を見てみることが大切です。 特に、今とは違う業種の企業に転職を考えている際には、どうしてもその業種の目立った部分だけがピックアップされて見えてしまいます。 先行したイメージだけで決定してしまわないよう、情報を集める際には自分の今後重視したいことと照らし合わせるようにしましょう。

失敗ケース3 退職する際に引き留めに合って残った

このケースは、勇気を出して転職を決意していよいよ退職を迎えたときに、今の会社から「会社に残ってほしい」と引き留めにあったケースです。会社側からするとあなたに退職されてしまうことは損失に繋がります。転職しようとしている人を引き留めようとするケースは多く、会社に残ることを決める人も少なくありません。 会社に残ること自体は悪いことではありません。ですが、会社に残る場合のデメリットもきちんと考えておく必要があります。 一度辞めますといった手前、若干後ろめたい気持ちで過ごすことは避けられないですし、会社の心象もあまりよくはありません。

どうすれば転職活動はうまくいく?

いくつか事例をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?共通するのは情報収集の甘さとスケジュール把握不足、そして自己分析の甘さです。この問題点を解消して勇気を出すにはまず、転職の全体像や流れを知っておく必要があります。

転職に有利な年齢ってあるの?

2017年上半期の転職者の平均年齢は32.1歳でした。2015年上半期から続いていた転職年齢の上昇は2年ぶりにストップし、男女別の比較でも、男性は前回からマイナス0.2歳の32.8歳、女性はマイナス0.2歳の29.7歳と、ともに転職者の平均年齢は下がっていると言えます。 転職成功者の内訳を年代別に見てみると、最も割合が高いのは「25~29歳」で、次いで「30~34歳」、「40歳以上」が続きます。 2017年上半期(2017年1~6月)の6カ月間は特に20代の転職が活況であったことがうかがえますが、この背景には、新卒人材の採用が予定通りに充足できていない企業などで、新卒向けのポジションを第二新卒者まで広げて募集を進めるケースが増えたことが挙げられます。

また、求人数は近年連続で最高を更新し、転職希望者にとっては選択肢の豊富な“売り手市場”にあって、応募条件を緩和する求人は増加傾向にあります。業務拡大や新規参入に積極的な企業などでは未経験者や若手人材の採用が活発化していることも、転職年齢を引き下げる一因となったと考えられます。

年齢別の転職対策は?

年齢ごとに必要な勇気も、求められているものも異なってきます。年齢別に見ていきましょう。

20代の場合は?

20代では、面接において「入社してどんなことをしたいのか」を、採用担当者に納得してもらえるように伝えることが重要です。20代の中途採用には、入社後に育成することを前提とする「ポテンシャル採用」の要素が多かれ少なかれあり、企業側も20代の転職者に対して、入社後すぐに会社に影響を与えるほどの大きな仕事をしてほしい、と考えていることはほとんどありません。 まずは、自社の仕事を覚え、慣れてくればこれまでの会社で学んだことも活かして成果を出してほしい、と考えているケースが一般的です。そのため企業は面接で勇気をだした転職者に「転職という方法をとることで自分がどうなりたいか、どう変わりたいか」を尋ねます。

30代の場合は?

30代になると、経験を積んで、チームリーダーやマネジャーを経験した人も出てきます。この年代は基本的には即戦力が期待されるため、主観的な自己PRよりも、「実際にどんな経験を積んできたか」がより重視されます。 そのため、職務経歴書では、どのような会社の、どのような役職でどのような仕事をしてきたのか、あなたのキャリアを伝えることが第一です。 面接では、経験を基にしながら「だから私は、貴社に貢献できる」と論理的に説明することが重要です。30代は、「自分がやりたいから」という思いだけでは、採用担当者の首を縦に振らせることは難しいでしょう。

40代の場合は?

会社の課題解決ができ、会社全体に良い影響を与えられる人かどうかが見られています。ということは、40代の転職者には、30代よりも、より即戦力性が求められているということです。 そして、企業がこの年代に求めるのは、業績への貢献にとどまりません。その人が入社したことによって、会社が変わるかどうかという観点がたされるようになります。組織に、外部からの新しい風を期待していることが多いのです。 異業界への転職を勇気をだして希望する場合は、これまで取引先として深く関わっていた業界など、接点のある業界を選ぶことをおすすめします。

転職活動はどう進めていけばいいの?

転職活動に必要な期間はどのくらい?

勇気のいる転職に必要な期間は個人差がありますが、平均して2~3か月だと言われています。そして、転職の流れは、①準備②情報収拾③応募・書類作成➃面接⑤内定・引継ぎ等です。より時間をかけずに転職活動を行うためには、まず何よりも準備が必要です。

1 準備をしよう

まずは、準備をしていきます。準備では、勇気を出し、転職活動をどのようなスケジュールでこなしていくのか、また、自分の強みについて考えて行きましょう。 時間の確保ができたら、次は情報収集です。

2 情報収集をしてみよう

勇気が出ない可能性の1つに情報収集の甘さが考えられます。逆に考えれば、この情報収集を確実にしっかりと行うことができれば不安を軽減でき、勇気が出せるとも考えられます。 情報収集では希望する業界や企業、業務内容があれば、どんどん自分で調べていきましょう。そして、気になる求人情報があれば、積極的に閲覧していきましょう。

3 書類を作成して応募をしてみよう

情報収集していくなかで、あなたの理想に近い会社が見つかるはずです。「ここだ!」とピンとくる会社があったら、勇気を出し書類を作成して応募してみましょう。

4 面接を受けよう

応募が完了したら、勇気をだしていよいよ面接に挑みます。転職で聞かれそうな質問といえばと考えると、「志望動機」や「転職理由」は必ずといっていいほど聞かれます。この2つの質問だけでなく、想定される質問は事前に予想しどのような回答をするかイメージしておきましょう。

5 内定後は引継ぎや退職の手続きをしよう

終わり良ければ総て良しということわざもあるように、最後の締めくくりはとても大切です。勇気を出した決断の門出を気持ちいいものとするためにもきちんと手続きを行いたいですね。後ほどまた解説をしますが、転職活動と並行して勇気を出し退職活動も行って丁寧に最後を迎えましょう。

転職活動中の注意点は?

仕事をしながら勇気を出し転職活動をするときに気を付ける事は、内定が出ても誰にも言わないということです。同僚などに伝えないようにしてください。色々な人から詮索される可能性がありますし、次の会社に嫌がらせの電話などをされるケースもあります。余計なことは言わないほうが良いでしょう。 また、転職活動をしていることも、言わないほうがベターです。そういった噂が社内で広まると、上司から退職を拒否されることもあります。もしも、転職をしないという結論になったとしたら、そのまま働き続けるのが気まずくなってしまいます。

転職の面接時の服装は?

スーツで行けばいいの?

転職の面接の際、スーツで行くべきかスーツ以外で行くべきか迷ったことがある方も多いかと思います。結論から言うと、スーツの方です。転職の面接は企業からすると将来の戦力を選ぶためのものです。 ただ、リクルートスーツを着ることは絶対に避けてください。職活動では、面接官はあなたのことを社会人経験のあるビジネスマンとして見ています。学生の就活生であればフレッシュさを武器にできますが、転職活動ではリクルートスーツを着てしまうことで経験のない頼りない人という印象を与えてしまいます。 社会人らしいこなれたスーツを選ぶようにしましょう。また、スーツではなくビジネスカジュアルで行く場合は、ジャケットの着用はしたほうが無難です。

インナーは?

それでは次に意外に迷うことの多いインナーについてご紹介していきます。カラーは白のインナーがシンプルかつ清潔感があってベストです。 形としてはシャツタイプでもカットソーでも問題ありません。実際に働くようになってからは薄いピンクやブルーのインナーを着用してもいいかと思いますが、面接時はスーツが黒の場合、インナーをただの白シャツにしてしまうとリクルートスーツのようになってしまってしまう場合は、ちょっとしたフリルなどのデザインがついているものを選ぶのもいいでしょう。 ただし、派手すぎるものは悪印象をもたらしてしまうのであくまでシンプルであることを念頭において選ぶことが大切です。また、グレーやネイビーのように少し色味があるスーツであればシンプルな白シャツでも十分映えますのでフリルがついているものでなくてもこなれた感を出すことができます。

バックはどうすればいいい?

服装がスーツ、もしくはビジネスカジュアルなので当然ビジネス用のバッグを選びましょう。ポイントとしては、A4サイズのファイルが入るサイズであることや色が派手すぎないこと、 明らかなブランド品でないことがあげられます。 服装もそうですが、シンプルで派手すぎないもののほうが仕事ができるイメージを持たせることができます。また、バッグの中身はちらっと見えてしまうこともあるので整理整頓されているかどうかも事前に確認しておいてください。

職務履歴書とは?

「職務経歴書」とは、これまでの職務内容を分かりやすく、そして選考のポイントを押さえながらまとめたものです。 企業が求めている人材の詳細や選考のポイント把握すは簡単ではありません。また、ある程度、形式化された書類の中で、ほかの応募者との差別化を図らなければなりません。そのためのアドバイスをしてくれる人は、周りにはなかなかいないかもしれません。

円満退職をするために必要なこととは?

勇気を出した転職の締めくくり、円満退社をするためには、何が必要なのでしょうか。それは、最後まで誠実な対応を続けることです。 もちろん、新しい会社での活躍のためにエネルギーを費やすことが優先とはなりますが、今の仕事を放棄して良いわけではありません。 今までスキルアップさせてくれた会社に感謝しながら、スピーディーにスマートに仕事の一つのように進めていくといいです。

退職する際に心がけることは?

引き続きの際に念頭に置きたいのは、「後に自分の仕事を担当する人の負担を少しでも軽くしよう」ということです。このように考えて行動することで、「誠意ある対応だ」と周りの人もきっと思ってくれるはずです。

あなたの人生は少しの勇気で変えることができる

少し勇気を出して決断すれば新しい世界が広がっている

ここまで、自分の転職の流れをイメージしてきましたが、いかがでしたでしょうか。イメージすることで自分を見つめなおし、具体的な道筋を描くことで不安は軽減していきます。

待っているだけでは何も変わらない

悩んだり、時に自分を見つめる時間は必要ですが、その時間だけではいけません。何より大切になるのは勇気を出して実際に行動に移すことです。待っていたら、いい仕事が向こうからやってきてくれる…なんてことはありません。考えているだけでは何も変えることができず、チャンスを失ってしまいます。

勇気を出した決断の先にはきっと素敵な未来が待っている

転職は誰でも、勇気がいるものです。勇気を出して決断したとしても理想とする働き方ができるという「絶対」がない世界だからです。 ですが、情報集を重ね、理想とする働き方を選び、勇気を出して行動することで、あなたは変わることができます。勇気を出して動きだした人にしか、可能性はめぐってこないのです。 あなたも勇気を出して行動してみませんか?勇気を出した決断の後にはきっと素敵な未来があなたを待っています。

転職を勇気出して決断をしてみよう

勇気を出して情報収集を始めたら、いよいよ決断の時です。情報収集を元にこのまま転職活動を続けるか否か考えましょう。

勇気を出した後は突き進むだけ

勇気を出して決断ができたら、後は突き進むだけです。今までしてきた準備や、これまでずっと持っていた「もっと理想とする働き方に近づきたい」という熱い気持ちを胸に自分を信じて行動することが大切です。 時には転職活動中に勇気を失いそうになることもあるかもしれませんが、今までの情報収集をまとめたノートなどを見返したり、親しい人に頑張っていることを伝えるとまたモチベーションも高まっていきます。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)