IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

国立大学が学費が安い理由・私立大学や専門学校との学費比較

就活ノウハウ

「国公立大学の学費ってどれぐらいなの?学費免除って受けらるの?」と疑問に思ったことはありませんか?実は他の大学よりも安く、免除も通りやすいです。今回は、私立や専門学校に比べてどの程度安いのか、学費免除に通る基準はどういったことかなどについて説明していきます。

更新日時:

国公立大学が学費が安い理由

トピック1007642/要素1433403

みなさん、なぜ国公立大学の学費が私立大学に比べて安いと言われているのかご存知でしょうか?国公立大学は国から補助金を受けていて、そのお金を毎年学校の運営に充てて今の国公立大学が成り立っています。学生が支払う授業料は運営費全体の4分の1程度であり、残りの4分の3は全て補助金から捻出しているのです。 国公立大学が私立大学よりも学費が安い理由はここにあります。私立大学は国から補助金を受けてはいるのですが、その額は国公立大学よりも低く、それだけでは運営していくことは困難です。そこで学生の人数を多くとり、学費を高くすることで足りない分を補っているのです。

国公立大学の学費平均

国公立大学の学費の平均はいくらぐらいなのでしょうか?文系、理系、医学物について分けてみていきましょう。

文系

国公立大学の文系学部の場合は、国立大学と公立大学で異なっており、国立大学の場合は毎年の授業料が535,800円で入学金が282,000円が平均です。公立大学の場合は毎年の授業料が538,000円で393,000円が平均となっています。 実際にはこれ以外にもかかる学費として教科書代などが入ってきます。文系学部の場合ですと、例えば法学部となると法律の専門書などを購入するためのお金が必要になってきます。その結果、初年度の前期だけで2万円程度必要になってきます。また、半期ごとに講義の内容も変わってくるのでそのたびに購入しなければならない教科書が出てくるので、4年間合計して10万円程度は必要になってきます。

理系

国公立大学の医学部以外の理系学部の場合も文系学部同様に国公立大学と公立大学で必要となる学費は変わってきます。これは医学部にも言えるのですが、かかる学費の平均は国公立大学だと文系学部と全国一律で同じです。授業料や入学金は国が定めているので、あそこの大学はこの金額、ここの大学はこの金額と大学ごとに異なる学費を集めることが出来ないのです。 さて、理系学部が文系学部と違ってくるのは講義の中に実験が入ってきたり、講義の数が文系学部よりも多いということです。実験のために必要な道具(電気電子の場合は、はんだごてなど)を購入する必要があることや、講義の数の分だけ教科書を購入しないといけないのでその分だけ文系学部よりも少し高くなり、初年度で3万程度、4年間合計して15万程度は必要になってきます。

医学部

理系学部の中でも医学部はよく学費が高いと聞いたことがあるのではないでしょうか?授業料や入学金は国公立大学なら一律で文系学部と医学部以外の理系学部で同じですが、医学部には医学部独特の実習科目があったり、講義の数が他の理系学部よりも一段と多くなっており、卒業まで空いている時間がほとんどありません。 さらに講義で使う教科書や専門書1つあたりの値段が他の学部が使うものに比べて高くなっています。その結果、卒業までの6年間を合計して教科書代で50万程度、実習で使う器具や白衣などで7万程度が必要になってきます。

国公立大学・私立大学・専門学校の学費比較

国公立大学・私立大学・専門学校の学費を比較していきましょう。 国公立大学の学費は年間の授業料が535,800円で入学金が282,000円で初年度にかかる学費の合計が817,800円です。私立大学の学費は文部科学省が平成24年に調査した平均によると初年度にかかる金額は1,311,644円です。さらに学部ごとの平均は、文系学部で1,146,819円、医学部以外の理系学部で1,501,233円、医学部で4,606,887円とかなり高額です。 専門学校の学費は、専攻によって違ってきますが、一番安い看護の専門学校で初年度878,000円でその他の臨床やゲームといった専門になりますと120万程度かかります。私立よりは安いですが国公立大学に比べるとやはり高いです。

国公立大学の学費ランキング一覧

トピック1007642/要素1434052

国公立大学ですので、ほとんどの大学が授業料は535,800円ですが一部の大学がこれとは少し異なった学費を設定しているのでそれを踏まえて学費が高い順に1位~3位までランキング付けしていきます。なお、入学金は公立大学の場合ですと県内と県外で異なってくるので、授業料のみでランキング付けしました。 まず第3位の大学は横浜市立大学で573,000円です。次に第2位の大学は埼玉県立大学で621,000円です。そして第1位は国際教養大学で696,000円です。 これら3つの大学に共通することとして都内に近いことが挙げられます。授業料が高くても人が集まるので運営していくことが可能なのでこの学費設定なのです。できるだけ学費を集めた方が大学側としても運営しやすいのです。

国公立大学の学費推移

国公立大学の学費は昔に比べて非常に高くなったという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?実際、現在の学費は昭和50年に比べて年間の授業料だけで50万程度、23万程度も高くなっているのです。 もう少し細かく見ていくと次のように変化しています。 昭和50年では、授業料が36,000円で入学金が50,000円でした。昭和51年では授業料が96,000円で入学金が50,000円です。このあと2~3年ごとに毎年授業料や入学金が値上げされています。平成17年以降は授業料が535,800円で入学金が282,000円と昭和50年に比べて非常に値上げされています。

国公立大学が学費を値上げする?

トピック1007642/要素1434054

昭和50年に比べてここまで学費が値上げしたのだから、さらに国公立大学が学費を値上げする可能性もあるのではないか?と少し心配の声も上がっています。しかし、文部科学省によるとその心配は今のところ一切ありません。実際ここ10年間は学費の値上げは行われていません。

1.国立大学の授業料について ○ 国立大学の授業料は、国が定める金額を標準(標準額)として、各国立大学がそれぞ れ金額を設定しています。 ○ この授業料の標準額については、これまでも、社会経済情勢等を総合的に勘案して設 定していますが、文部科学省としては、基本的には学生等に対してできるだけ教育費負 担をかけないようにしていくことが重要と考えており、最近の10年間において標準額 の引上げは行っておらず、平成28年度予算案においても、対前年度同額(53万5千 8百円)として引上げは行っておりません。

国公立大学の学費免除の条件

国公立大学の学費免除の条件は、生活保護を受けているぐらい所得が低くないと厳しいと思っている人は結構多いです。しかし実際は、思っているよりも学費免除を受けられる所得額のラインは高いのです。もちろん、所得だけで学費免除を受けられるわけではありません。 国公立大学で学費免除を受けられる条件は「学力基準」と「所得基準」の2つの基準が用意されています。まず学力基準ですが、これは入学時には大学ごとに異なっており、入試の成績や高校での評定などその基準の定め方は様々です。 例えば、東京大学だと入試を通過し、入学することが出来れば学力基準は満たしていることになります。次の所得基準は例を見て自分の家庭が満たされているかを考えてみるといいでしょう。 4人家族で両親の年収が合わせて580万でも授業料全額免除されているという実例があります。もし580万より収入があっても半額免除されるなどそこまで基準は高く設定されてはいません。

国公立大学を休学する際学費は払う?

もし何らかの病気にかかったりして休学することになった際には学費を払う必要はあるのか心配になりますよね。しかし、その心配は必要はありません。国公立大学では休学する際には学費を払う必要はありません。なのでやむを得ず休学する場合は悩まずに休学届を出しましょう。ただし、大学によって休学可能期間が定められているので確認は怠らないようにしましょう。

国公立大学の学費の魅力とこれから

トピック1007642/要素1434045

昔より値上げされたとはいえ、国公立大学の学費は私立大学や専門学校に比べてとても安いです。また、学費が値上げされるのではという心配も、文部科学省が今のところは否定しているので、特に気にしなくてもよいでしょう。国公立大学は学費免除を受けるのも実は思っているよりも簡単です。なので大学に通うことが金銭面で難しいと悩んでいる人は国公立大学を目指してみてはいかがでしょうか?

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)