IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お正月の初詣はいつまでにいくべき?出店がやっている時間帯

家事

一年の始まりの大イベントである初詣にはいつまでに行くべきというルールは定められているのでしょうか。初詣にいつまでに行くかによって混雑状況に大きな違いが出ます。お正月に知っておきたい豆知識や初詣におすすめの有名な神社やお寺の情報などをご紹介します。

更新日時:

初詣とは

一年のはじまりを祝ってその年はじめて神社やお寺へ参拝することを初詣といいます。普段は神社やお寺へ行かないという人でも、初詣を元日のイベントとして行なっている人は多いはずです。初詣は一年の始まりを祝う大切な行事です。 初詣は古来から欠かすことのできない風習のひとつとして親しまれてきました。ライフスタイルが多様化する現代でも初詣は大きな年中行事のひとつとして風習が残っています。初詣はいつまでにどこの神社やお寺へ行くことが正解なのでしょうか。初詣に関する知識や作法についてご紹介します。

初詣の起源

初詣の起源をたどればいつまでに初詣に行けばいいのかわかります。日本には昔からさまざまな神様を祀る風習があります。お正月は新年の神様を迎えるための日です。年末年始の行事の多くは歳神様と呼ばれる新年の神様を迎えるために行なわれます。 たとえば、年末に大掃除を行なったり玄関にしめ縄や門松を飾ったりする理由は神様に気持ちよく家に入ってもらうためです。また、神棚がある家では家族で神棚に礼拝した後、地域を見守る氏神様に参拝します。この氏神様への参拝が初詣の起源です。

初詣はどんな行事だった?

初詣はもともと家長が単独で行なう行事でした。新年の神様を歓迎するとともに集落や地域で祀っている氏神様に感謝の気持ちを伝え、新しい一年の無事を祈願するために氏神を祀っている社に年籠りを行なったことが初詣のはじまりです。 年籠りは大晦日の夜から元日の朝にかけて行なわれたため、現代でも年籠りの風習が形を変えて残り大晦日の夜から元日の朝にかけてお参りが行なわれるようになったと考えられます。

初詣を行なうのはどんな日?

初詣は新年の神様を迎え入れるおめでたい日です。日本では古来からおめでたい特別な日を「ハレの日」と呼び、新しい衣服や晴れ着などを着たりお神酒をいただいたりしてお祝いしてきました。 初詣は氏神様へ昨年の感謝と新年のあいさつを行なうために行なわれます。お正月にはほとんどの神社やお寺で新年を祝うための行事を行なっています。いつまでに初詣へ行ったらいいかわからないという人はお正月のおめでたい気分が残っているうちに初詣へ行きましょう。

初詣はいつまでにどこへ行けばいい?

初詣はいつまでにどこでお参りをすればいいのでしょうか。日本にはたくさんの神社やお寺がありお正月に限らず幅広い人々に開放されています。 また、地域の守り神を氏神といい交通手段が乏しかった時代には氏神が祀られている神社へ初詣へ出かけることが一般的でした。今でも地域のイベントが神社やお寺で行なわれる事が多いです。交通機関が発達した現代では地元の神社やお寺だけでなく地方の有名な神社やお寺へ参拝することは珍しくありません。 神社やお寺側はいつまでに初詣へ行くことが正しいのか明示しておらず、いつまでにどこへ参拝するかは各自の判断にゆだねられています。

正月の初詣はいつまで行っていい?

毎年同じ日に初詣へ行くという人もいればいつまでに行くかとくに決めていないという人もいることでしょう。いつまでに初詣へ行くか決めかねている人や混雑を避けたい人向けに初詣の期間について解説します。いつまでに初詣へ行けばいいかわからなくなったときの参考にしてください。

いつまでに行く?お正月は具体的には何日まで?

ライフスタイルが多様化した現代ではお正月の長い休みを利用して、旅行や帰省を行なうことは一般的です。いつまでに初詣に行くかという判断は個人にゆだねられているとはいえ、お正月の期間に行く人が多いはずです。 そもそもいつまでがお正月なのでしょうか。お正月は三つの期間にわけて考えることができます。新年のはじまりの日の元日、元日から三日までの三が日、松の内と呼ばれる元日から15日頃までの約2週間の期間です。 松の内は関東と関西で時期が異なり、関東では1/7まで、関西では1/15までとなっています。神様を迎えるために飾り付けた門松やしめ縄などのお正月飾りは松の内が過ぎたらはずすことが決まりです。

時間は何時頃まで?

大晦日から元日にかけて夜間にお参りすることを二年参りといいます。地域によって呼び名や作法が異なる場合があります。一般的に大きな神社やお寺には門扉があります。神社やお寺によって門扉を閉める時間が決まっており、時間外は入れない場所もあります。 平常時は16~18時頃に門を閉めてしまう神社やお寺がほとんどです。特殊な事情がある場合は連絡をすれば時間外出入り口から入れてもらえる場合もあります。 初詣が盛んに行なわれる三が日は平常時より長く開門している場合もありますし、平常通りに参拝者を受け入れている場合もあり、神社やお寺によっていつまで参拝できるかは異なります。境内には24時間立ち入れる場合もありますが本堂へはいつまででも参拝できるとは限らないため注意しましょう。

いつまで初詣へ行くかは各家庭による?

いつまでに初詣へ行けばいいかという問題は各地域や家庭によってさまざまな解釈があると考えられます。必ず元旦に行くことに決めているという人も多いことでしょう。もともと氏神様への感謝の気持ちを伝えるために大晦日から元日にかけて年籠りを行なっていたことを思えば、元日に初詣へ行くことは正しいと考えられます。 元日に初詣へ行けない場合はいつまでに行けばいいのでしょうか。元日に旅行で外国へ行ってしまうという場合もあります。また、元日および三が日は神社やお寺の初詣客による混雑が激しいためできればはずしたいという人もいることでしょう。 三が日を外しても松の内までに神社やお寺へ行けばお正月のムードを感じながら初詣ができます。いつまでに初詣へ行けばいいか迷ったときはぜひ参考にしてください。

いつまでに行くかでご利益に差はある?

いつまでに初詣に行くかでご利益に差があるなら早めに初詣へ行きたいと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、いつまでに初詣に行ったからといってご利益に差が生じるとはいえません。いつまでに行くかというよりも、一年を無事に過ごせたことに対する感謝の気持ちを持つことが大事です。 なるべく早いうちがいいと考えるなら三が日のうちに行くことがおすすめです。三が日はたくさんの人出があり出店なども多く活気を楽しむことができます。

いつまでに行くかは関係ない?

初詣はその年はじめて氏神様にお参りした日をさします。初詣をいつまでに済ませるかは、初詣の起源や意味を考えると元日からなるべく遠くないうちと考えられます。初詣にはいつまでに行かなければならないという明確な期限は設けられていませんが、できれば1月のうちに済ませておくといいでしょう。 現代ではすべての家で氏神様を祀って礼拝しているわけではなく、初詣を単なるお正月の行事として認識していたり一年間の無事を祈願するイベントとして行なったりしている人が少なくありません。神社やお寺はいつまでと限らず例外を除いてほぼ一年中いつでもお参りすることができます。原則的にはいつまで行くかにこだわらず行けるときに行って構いません。

初詣の神社やお寺の選び方

日本にはたくさんの神社やお寺があります。神社だけでも、全国におよそ85,000ヶ所もあるというから驚きです。地域によっては住んでいる場所の近くにいくつも神社やお寺があるという人もいることでしょう。 日本全国に有名な神社やお寺がたくさんあります。これだけ神社やお寺が身近にあれば、いつまでに行くか深く考えなくても行きたいときに行きやすいといえますが、一年の始まりに普段とは違う神社やお寺へお参りに行ってみたいという人もいることでしょう。そこで、初詣で訪れる神社やお寺の選び方をご紹介します。

初詣は地元の神社やお寺へ行く

いつまでに初詣へ行くかは人それぞれですが、お正月に予定が混み入っている人や近くで初詣を済ませたい人は地元の神社やお寺へ初詣へ行く方法があります。 もともと氏神様を祀っている地元のお寺や神社へ初詣へ行くことが一般的だったことを考えると、地元の小さな神社やお寺へ行くことは正解です。有名なお寺や神社へ行くよりは混雑を避けられますし、移動の時間を短縮できるため簡単にお参りを済ませることができます。 地元の神社やお寺へ初詣へ行くメリットは他にもあります。たとえば、地元の人々との交流を深められる点です。お正月に里帰りをして地元の神社やお寺へ初詣へ行けば懐かしい人々に会える確率は高いといえます。

恵方にある神社やお寺へ行く

恵方は陰陽道の考え方でその年に該当する十二支が司る方角のことをさします。干支にはそれぞれ決まっている方位があります。たとえば、2018年の干支は戌年(いぬどし)で南南東が恵方です。 その年の干支の方角はおめでたい方角とされ幸運を呼び込むと信じられています。そのため、自宅からみて恵方にあたる場所にある神社やお寺へ行ってご利益をもらうこともひとつの方法です。 ちなみに、節分に食べる太巻きを恵方巻きと呼びます。恵方巻きは切らずにまるごとかぶりつきます。その年のおめでたい方角へ向かって大きな口を開けて太巻きを食べることで、福を体内に呼び込もうとする行事です。

お目当てのご利益の神社やお寺へ行く

神社やお寺はたくさんあります。一見神社の名前はバラバラにつけられているように感じられますが実は鶴岡八幡宮や石清水八幡宮というように「八幡」という名前がついている神社もあれば伏見稲荷神社や佐助稲荷神社のように「稲荷」という名前がつけられていたりと規則性があります。 八幡宮は全国の武運の神を祀っていることが特徴で八幡信仰とも呼ばれ、応神天皇を祀っていることで知られます。一方、稲荷神社は稲作を司る田の神や商売繁盛の守り神を祀っています。このように神社には祀っている神様やご利益などに違いがあることが特徴です。

神社とお寺の違い

各地にさまざまなご利益がある神社やお寺が存在するため、いつまでに初詣に行くかだけでなくどこの神社やお寺にお参りに行くか悩む人は多いはずです。毎年同じ神社やお寺にお参りする人もいれば、その年によってお参りする神社やお寺を変更している人もいることでしょう。 神社とお寺の違いを簡単にいえば、神社は神道の宗教施設でお寺は仏教の宗教施設という点です。その他の神社とお寺の違いは、鳥居の有無や祀っている神様の違いなどがあげられます。ちなみに、いつからいつま初詣へ行くかに神社とお寺で大きな違いはありません。

神社にお参りするときの手順

神社やお寺にお参りするにはいつまでに行くという他にどんな決まりがあるのでしょうか。初詣で神社に行ったときのお参りの手順や注意したいポイントをご紹介します。正しい手順を知っていればお参りのとき慌てずに済みます。いつまでに初詣に行くかだけでなく初詣の手順や作法を押さえておきましょう。

鳥居をくぐる前のポイント

鳥居は神様が住む場所とそれ以外の境界線を示しています。ときどき山中や街中で鳥居だけが残されている場合がありますが、かつてそこに神様が祀られていた名残だと考えられます。鳥居は神様がいる場所を示す目印のため、ひとつの神社にたくさんの鳥居があることが一般的です。 小さな神社は神社の入り口にひとつだけある場合もあります。大きな神社で敷地が広い場合は神様がいる場所に近づくにつれて鳥居を増やしていくこともある他、信奉者が信仰心をあらわすために鳥居を寄付する例もあります。鳥居は神様がいる場所への入り口を示すため、鳥居をくぐる前に一礼をして挨拶をしましょう。

手水で身を清める

神社には手水舎と呼ばれる場所が設けられています。手水はどんなタイミングでいつまでに使うことが正解なのでしょうか。 手水の目的は神様に会いに行く前に身を清めることです。そのため、手水舎へ行くタイミングは神社に入ってすぐが正しいといえます。手水舎では右手でひしゃくを持って左手を清めてから左手にひしゃくを持ち換えて右手を清めます。手が洗えたら今度は右手でひしゃを持って水をすくって左手で受け口をすすぎます。

お賽銭

お賽銭は神殿に着いたら賽銭箱の中に入れます。混んでいるときにお賽銭を投げ入れる人がいますが、人にぶつかる恐れがありますし丁寧な方法ではないためしない方がいいでしょう。神様にものを渡すときに投げ渡したら無礼です。人にものをあげるときの要領で手の甲を上へ向け賽銭を入れるようにしましょう。 お賽銭を入れる前は神殿に向かって一礼し、挨拶しましょう。お賽銭を入れた後は神様に鈴を鳴らしてお知らせします。たくさんの人がお参りしていて常に誰かが鈴を鳴らしているような状況ならわざわざ自分で鈴を鳴らさなくても大丈夫です。

二拝二拍手一拝

二拝二拍手一拝は神社にお参りするときの作法です。神社や地域によって若干の差はあるものの、お祈りの作法は大体決まっています。神殿の前で二回お辞儀をし、二回手を叩いて祈願した後最後に深く頭を下げて一例して下がります。神社によって微妙に作法が異なる場合があるため、その神社の作法に従いましょう。わからないときは周囲を見て真似します。 お寺にお参りするときは神社のような拍手は必要ありません。ただ静かに手を合わせて祈れば十分です。つい、いつまでも願い事をきいてもらいたくなってしまいますが後に続く人々のことを考えて簡潔にお祈りしましょう。

初詣の出店はいつまで?

初詣のときは神社やお寺の参道にたくさんの出店が出ています。初詣の後に出店での買い物を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。大きな神社やお寺であればあるほど数多くの出店があることが特徴です。 初詣の後に出店で買い物をしてものを食べたり縁起物を買ったりする行為は、実は運を呼び込む行為でもあります。なぜなら食べ物を食べることで幸運を体内に取り込んだり、買い物をして家へ持ち帰ることで福を持って帰るという意味を持つからです。一体いつまでに初詣へ行けば出店で買い物できるのでしょうか。

いつまでに行けばたくさんの出店がある?

いつまでに初詣に行けばたくさんの出店に出会えるのでしょうか。いつまで出店があるかは地域によってさまざまですが多くの場合、三が日の初詣客を見込んで元日から三日まで出店を出します。出店の数は松の内に向かって徐々に減少していくと考えましょう。 三が日を過ぎると日常生活が始まり参拝客の数にもいったんの区切りがつくため三が日以降は店を出さないこともありますが、松の内まではいくつかの出店が出ていることがあります。神社やお寺によっていつまで出店が出ているかに違いがあるため、気になる場合はいつまで出店が出ているか地域の担当者に確認することをおすすめします。

有名な神社やお寺の初詣はいつまで?

有名な神社やお寺の場合はいつまでも参拝客が途絶えないという場合もあります。混雑をできるだけ避けたいという人は多いのではないでしょうか。いつまでにどこの神社やお寺へ初詣へ行くかによって混雑状況が異なります。混雑を避けて遅めの時間に行くと本堂が閉まっている場合もあります。 できるだけ有名でご利益がありそうな神社やお寺へ確実に初詣をしたいという人のために、いつまで参拝可能か時間帯や期間を調べました。いつまでに初詣へ行くかの参考にしてください。

川崎大師はいつまで?

川崎大師は神奈川県川崎市にあります。お正月の参拝者数は全国でもトップレベルです。初詣では毎年大きな混雑が予想されるお寺のひとつです。川崎大師はお正月の期間中いつまで本堂を開放しているのでしょうか。川崎大師は例年、大晦日は12/31の6時から翌1/1の20:30まで開放しています。3日までは18:30まで本堂へお参りできます。

川崎大師のご利益

川崎大師は厄除けや無病息災を願う人が多く訪れる真言宗のお寺です。弘法大師空海を本尊として祀っています。弘法大師空海は和歌山の高野山金剛峯寺や京都の東寺を建立した人物として仏教界で知らないものはいない僧侶です。

川崎大師への行き方

川崎大師は京急川崎駅から大師線へ乗り換え、川崎大師駅下車徒歩8分の場所にあります。駅の南口を出て信号を渡り、左手を見れば川崎大師へと続く仲見世通りを簡単に見つけられます。三が日には数多くの屋台が立ち並び、まともに歩くことが難しいほど混雑します。 混雑を避けるためにはいつまでに行けばいいのでしょうか。大混雑を避けたい場合は午後遅めの時間に参拝することがおすすめです。

成田山はいつまで?

成田山は川崎大師や高尾山薬王院と並ぶ真言宗の大本山のひとつです。広大な敷地の東側には四季折々の花木が楽しめる成田山公園や書道美術館があります。成田山へと続く門前町では昔ながらの日本情緒あふれる風情が楽しめます。成田空港にも近いため外国人観光客が訪れるスポットとしても人気です。 成田山のお正月期間中の参拝時間はいつまででしょうか。成田山はお正月期間は毎年300万人以上の参拝客が訪れるため通常よりも長めの参拝時間が設けられています。12/31は23時~翌1/121時まで、2~3日は5:30~20時まで、4~7日は5:30~19時まで、8~15日は5:30~17時までです。

成田山のご利益

成田山では平安時代に平将門の乱を鎮めるための祈願を行なった経緯があり、成田山金剛王院神護新勝寺という名前を持っています。本尊として祀られている不動明王は困難に打ち勝ち道を切り開く神様として知られています。災いを退ける災厄消除や家内安全などのご利益があります。 成田山の敷地は20万平方メートルと広大で敷地内には参拝したくなるお堂がたくさんあります。恋愛成就のご利益がある愛染明王を祀る光明堂や、仕事運の上昇が期待できる荼枳尼天を祀っている出世稲荷などが人気のスポットです。

成田山への行き方

成田山は京成電鉄京成成田駅あるいはJR成田駅から徒歩10分、成田空港から電車で10分の場所にあります。また、京成電鉄では発売駅から京成成田駅までの往復分の切符代に加えて対象施設でお得に買い物や食事ができる成田開運切符を発売しています。成田開運切符は各京成電鉄の駅および成田空港で購入可能です。 成田山のお正月の混雑はいつまででしょうか。例年、観光ツアーや旅行客などが詰めかける成田山はツアー客がいない早朝の時間帯がおすすめです。

寒川神社はいつまで?

寒川神社は神奈川県高座郡寒川町宮にある歴史が深い神社です。位置的には厚木と茅ケ崎の間で相模湖の近くにあります。別名を相模国一之宮といい、江戸時代にあった関東の主要8か国の裏鬼門にあったことから「八方除の守護神」として武田信玄や源頼朝といった武将たちや民間人から信仰の対象とされてきました。 寒川神社が創祀された厳密な年代は不明ですが1500年前の記録に雄略天皇の時代に神前に供物を奉納したという記述が残っており、その頃すでに関東地方の著名な神社として知れ渡っていたということがわかっています。 そんな寒川神社の初詣の参拝時間はいつまででしょうか。拝観時間は6:00~日没までで大晦日から1/3までの期間は終夜開門しています。

寒川神社のご利益

古来から八方除けの神社として名高い寒川神社は、すべての災いを取り除いてくれる神社として関東近辺だけでなく全国から参拝者が集まるパワースポットです。 寒川神社はすべての災厄を取り除き幸運をもたらすと信じられていることから、初詣には毎年約40万人もの人々が訪れます。

寒川神社への行き方

寒川神社の最寄り駅はJR相模線宮山駅です。新宿駅・東京駅からは約70~75分、横浜からは約50分です。寒川神社への参拝客は非常に多いため、三が日は例年海老名駅から寒川神社行きの臨時バスが運行されます。

明治神宮はいつまで?

明治神宮のお正月期間の参拝時間はいつまででしょうか。明治神宮の参拝可能時間は12/31の6:40~翌1/1の19:00頃まで、1/2~3日は6:40~18:30頃まで、1/4以降は6:40~18:00頃までです。明治神宮は例年300万人以上が初詣の参拝に詰めかけます。 一体いつまでに行けばスムーズに参拝できるのでしょうか。三が日は残念ながら朝早い時間帯から夕方頃までずっと混雑しています。並び始めてから2~3時間かかることを覚悟しておいたほうがいいでしょう。 「初詣にいつまでにいくか決めていない」あるいは「初詣の日にこだわりはない」というのであれば三が日の参拝を避けることがおすすめです。三が日に初詣をすることにこだわりがある人は早朝4時頃が狙い目です。

明治神宮のご利益

明治神宮は明治天皇と皇后を祀っている神社です。国家の繁栄、家内安全、厄除けなどさまざまなご利益があることで知られます。また、境内には有名なパワースポットのひとつ加藤清正の井戸があります。明治神宮の北側にある宝物殿前の広場側には池の付近に亀石やさざれ石があり、いずれも神聖なパワーが宿っていると信じられています。

明治神宮への行き方

明治神宮は都心にあるためアクセスしやすいことが特徴です。明治神宮の最寄り駅は6駅もあります。小田急線参宮橋駅、JR原宿駅、東京メトロ明治神宮前駅、JR代々木駅、都営地下鉄代々木駅、東京メトロ北参道駅の6駅です。アクセスしやすいだけに毎年とてつもなく混雑することで知られています。 JR原宿駅からは南神門へつながる南参道、JR代々木駅からは北参道が近いです。三が日の混雑時には入場規制が設けられ、南側と西側からのみ参拝できます。西参道は比較的混雑していないためできるだけ混雑を避けたい人は小田急線参宮橋駅で降りて西参道へ向かうことをおすすめします。 混雑を避けるため、いつまでに初詣に行くか悩んでいるという人は三が日を避けることでしょう。しかし、人気がある神社だけに7日頃まではある程度の人出を覚悟しておいた方がいいです。

浅草寺はいつまで?

浅草寺は都内にある寺院の中でも歴史が深いことで有名です。江戸時代には文化の中心として栄え現代でも日本有数の観光地として日本人だけでなく諸外国の人々の人気を集めています。平日でも多くの観光客が訪れることから、初詣のときの混雑は凄まじいものがあります。 そんな浅草寺の初詣の参拝時間はいつまででしょうか。本堂が開いている時間帯は1/1は0時~20時まで、1/2以降は平常時と同じく6:30~17時までです。いつまでに初詣に行くか悩むところですが、1/7までは大きな混雑が見込めます。 浅草寺では数多くのお守りを取り扱っています。お正月の開運グッズの販売はいつまで行なわれるのでしょうか。浅草寺では縁結びや学業にご利益がある正月限定の開運グッズを1/1~7日まで販売しています。

浅草寺のご利益

浅草寺の本尊は聖観世音菩薩像です。聖観世音菩薩像には墨田川から引きあげられたという伝説があります。また、浅草寺は都内最古の寺として知られ、民衆が中心となって信仰している代表的なお寺でもあります。激動の時代の中で浅草寺内の建物が被害に遭うこともありましたが、そのたびに民衆たちが力を合わせて再建しました。 浅草寺は水と縁が深く竜神が守護するお寺でもあり、境内の手水舎で身を清め浅草寺の仲見世で買い物をして活気を味わうことで、より運気が向上すると考えられます。金運、開運、先祖供養などのご利益があるとされています。

浅草寺への行き方

浅草寺には4つの最寄り駅があります。東武スカイツリーライン浅草駅、東京メトロ銀座線浅草駅、つくばエクスプレス浅草駅、都営地下鉄浅草線浅草駅の4つで、いずれも出口から徒歩5分です。 いつまでに参拝すれば混雑を避けられるのでしょうか。例年、お正月の期間中最も混雑している日時は元旦です。大晦日から日付をまたぐ頃が一番の混雑のピークだと考えられます。混雑を避けたい人は本堂が開く直前の6:30までの早朝がおすすめです。

鶴岡八幡宮はいつまで?

鶴岡八幡宮は神奈川県鎌倉にあり、鎌倉のシンボル的存在のひとつです。三が日には鶴岡八幡宮に毎年約250万人以上の人々が訪れることで知られます。鶴岡八幡宮の参拝可能時間はいつまででしょうか。 鶴岡八幡宮は大晦日から1/3まで24時間参拝が可能です。また、1/4は0時から21時まで参拝できます。三が日は24時間参拝可能とあって遠方から来た場合でもいつまでに行けばいいか気にせずに行きやすいことが特徴です。 鶴岡八幡宮ではお正月関連の行事はいつまで行なわれるのでしょうか。手斧始の神事が1/4の13時からとり行なわれる他、お正月ならではの行事が多く行なわれます。鶴岡八幡宮のサイトから各行事がいつまで行なわれるかチェックしましょう。

鶴岡八幡宮のご利益

鶴岡八幡宮は武家の氏神です。源頼義が京都にある石清水八幡宮で祈願を行ない、由比ヶ浜に氏神として祀ったことが鶴岡八幡宮の始まりです。後に現在の場所に移され源氏の氏神として武家の心のよりどころになりました。鶴岡八幡宮にお参りすると家内安全、合格祈願、恋愛成就などのご利益があるといわれています。

鶴岡八幡宮への行き方

鶴岡八幡宮はJR鎌倉駅、江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩10分の立地にあります。三が日は初詣客で混雑するため本宮の前にある大階段の手前で入場規制が設けられます。 その他の有名神社やお寺にもいえることですが、混雑を避けるためにおすすめな時間帯は早朝です。鶴岡八幡宮は三が日の間初詣客のために終日参拝できるように開放されています。いつまでに初詣に行けばいいか決めかねているなら思い切って朝4時頃に初詣へ行ってはいかがでしょうか。

初詣の交通規制について

明治神宮や鶴岡八幡宮のような非常に混雑する神社やお寺の場合、混乱を避けるため神社やお寺の付近が交通規制されることがあります。交通規制はいつまで行なわれるのでしょうか。いつまで交通規制が設けられるかは神社やお寺が混雑する期間によりますが多くの場合12/31~1/3夕方頃までです。 交通規制されると基本的に住んでいる人以外は立ち入ることができません。いつまで交通規制が行なわれるかは混雑の状況次第な面もあります。神社やお寺から徒歩圏内にある駐車場には入れないためできるだけ公共の交通機関を使いましょう。

お正月や縁起物の豆知識

お正月は縁起物がつきものです。たとえばお正月に飾る門松は竹の先を鋭利な角度でカットしますが、鋭利なものには魔を退ける力があると信じられています。 また、お正月に食べるおせち料理にもさまざまな縁起をかついだ食材が色々入っています。マメに働けるように願いを込めた黒豆や、子孫繁栄を祈願するカズノコなど様々な縁起をかついだ食材が入っていることが特徴です。 縁起物にはさまざまなものがありますが。初詣に神社やお寺で行なったり、手に入れたりできる縁起物についてご紹介します。

おみくじの作法

初詣に神社やお寺で一年間の運気を占うためにおみくじをひく場合、いつまでにおみくじを引いた方がいいという決まりはあるのでしょうか。おみくじは一年の運気を占う他に新年に願掛けをした結果を占う意味もあります。 おみくじの結果はいつまで有効なのでしょうか。悪い結果でもいつまで有効なのかわかっていれば覚悟ができます。おみくじは元旦に願掛けをした願い事が叶うまで有効です。とくに願掛けをしなかったという場合は一年間が有効期間です。おみくじにはいつまでに引いた方がいいという決まりはありませんが、新年の運気を占うのであれば松の内の間に引くことをおすすめします。

初詣の破魔矢にはどんな意味がある?

初詣で破魔矢を持っている人を見かけることがあります。破魔矢には災いを打ち破る効果があり、お正月に行なわれていた弓矢を使った行事が由来しています。弓矢を使った競技に使う的がハマと呼ばれていたため、ハマと破魔をかけて縁起物とした説もあります。初詣に関係なく家を建てる際に鬼門の方角へ飾る風習が残っている地域もあります。 いつまでも魔を退ける効果があるというわけではなく、破魔矢の効果は一年間が有効です。そのため、初詣で破魔矢を入手した人が一年間の期限を経てもとの神社やお寺に返しに来ることがあります。初詣の時期に破魔矢を返した後再び新しい破魔矢を入手するといいでしょう。 神社やお寺によっては破魔矢を返す場所が設けられている場合がありますがいつまでも設置されているとは限らず、年末年始の時期を過ぎると撤去されることもあります。

初詣の熊手にはどんな意味がある?

破魔矢が厄除けの意味を持つことに対し熊手は幸運のお守りという意味合いが強く、神社やお寺で入手できる熊手にはお金や運をかき集めるという意味があります。初詣で手に入れる以外に酉の市などで授与してもらう方法もあります。 いつからいつまで熊手を飾っておいたらいいかわからないという人は、一年を目安にすることをおすすめします。いつまでも同じ熊手を飾っているという人は気持ちを新たにして新しい熊手と交換しにいきましょう。

初詣で絵馬

神社やお寺にたくさんの絵馬が奉納されている様子を見かけることがあります。1年の初めに願掛けを行なうなら絵馬に願い事を書くことがおすすめです。 絵馬は表面に馬や干支の絵が描かれており、裏面に願い事を記します。屋外でも文字が消えないように油性ペンで願い事を書きましょう。願い事に対してどんな努力を行なうかまで具体的に書いて神様に知らせれば、より成就しやすくなります。 奉納した絵馬はいつまで境内に飾られるのでしょうか。いつまで境内に飾られるかは神社やお寺によってさまざまです。いつまで境内に掲示されるのか気になる場合は絵馬を奉納した神社やお寺に確認しましょう。

神社やお寺の行事はいつまで?

各神社やお寺では新年を祝ってさまざまな行事が行なわれます。多くの神社やお寺ではいつまでどのような行事が行なわれるのでしょうか。多くの神社やお寺で除夜の鐘をつく前後から新年の祈祷や読経を行ないます。 神社やお寺でお正月の期間に複数の行事が行なわれることは珍しくありません。たとえば鶴岡八幡宮では元旦の朝に8人の巫女を意味する八乙女が舞を行ないます。 1/1~4にかけて新年ならではの行事を行なう神社やお寺が多いですが、神社やお寺によっていつまでどんな行事が開催されるかは異なります。目当ての行事がある場合は神社やお寺にいつまで行事が行なわれるかチェックすることがおすすめです。

お正月のしめ縄はいつ飾る?

しめ縄には神様を歓迎する意味があります。お正月が来たらなんとなくしめ縄を飾るという人は多いことでしょう。玄関に門松を置くスペースがない家でも小さなしめ縄を飾ることはできます。実はいつからいつまでしめ縄を飾るかには決まりがあります。 いつまでにしめ縄を飾るかは地域や家庭によって差があります。現代では年末に大掃除をする家庭が多いですが、かつては12/13に煤払いと呼ばれる大掃除をする風習がありました。そのため昔は12/13の大掃除できれいになってからしめ縄を飾って新年の準備をしていました。 現代ではクリスマスを祝うため13日からしめ縄を飾る人は珍しいですが、しめ縄を飾る時期としては間違っていません。クリスマスが終わったタイミングで飾るといいでしょう。

お正月のしめ縄飾りの処理法

しめ縄飾りはいつまで飾っておけばいいのでしょうか。好きな期間いつまでも飾っておいていいわけではありません。松の内が過ぎたら飾りをはずしましょう。しめ縄飾りは地域によってはどんど焼きの際にお焚き上げをします。 しかし、どんど焼きがない地域や自治体の方針によって行なっていない地域もあります。神社やお寺では決められた日時でお焚き上げが行なわれるため、近所の神社のお焚き上げがいつまでか調べて持って行くことがおすすめです。

初詣に関する言い伝え

初詣にいつまでに行ったらいいのか、あるいはどこの神社やお寺に行ったらいいのか悩んでいる人の中には初詣に関する言い伝えを気にする人もいることでしょう。初詣は日本人にとって身近な行事であるだけに古来からさまざまな言い伝えや噂があります。初詣に関する言い伝えについてご紹介します。

妊婦は初詣にいってはダメ?

地域によっては「妊婦は神社の鳥居をくぐってはいけない」「妊婦が初詣に行くと不吉である」という言い伝えがあります。古来の日本では穢れという考え方が民間信仰として伝わっていました。 平安時代に宮中に仕えていた女性は生理中は物忌みといって特別な部屋で時間を過ごすことを余儀なくされました。出血が穢れに通じると考えられていたため出血を伴う出産間近な女性を神様が住む場所に近づけないようにしていたと考えられます。 信心深い人や伝統を重んじる人の中には本気で妊婦の身を案じている人もいます。初詣で幸運を呼び込みたいと考えている妊婦さんの中には言い伝えが気になる人もいることでしょう。根拠のない迷信といってしまえばそれまでですが、周囲の人の気遣いを無下にしないように慎重に判断することが大事です。

医師が初詣を禁じる場合もある

地方によっては妊娠中の過ごし方に関する風習が根強く残っている場合もありますが、言い伝えとは関係なく医師が妊婦の初詣を禁じる場合もあります。妊娠中はいつまで初詣を禁じられてしまうのでしょうか。 妊娠初期の流産の危険が高い期間や出産間際は初詣が禁じられる場合があります。その他にも、妊婦の状態によって安静に過ごさねばならないと医師が判断した場合は初詣に行くことを止められます。 注意したい点は、いつまでに初詣に行くか明確な決まりはないという点です。いつまでに初詣に行くかにこだわるよりも無事に出産し落ち着いた後、体調を取り戻してから親子で参拝する時間をとることをおすすめします。

初詣で妊婦が注意したい点

妊娠初期は飲める薬の種類が限られています。そのため病気にならないように体調に注意して過ごすことが大事です。参拝する神社やお寺によっては初詣時は大変に混雑します。たくさんの人が集まる場所ではインフルエンザや風邪などの菌も一度に集まるため、出産前の準備やお正月の支度に追われて疲れている状態の妊婦は行かない方がいい場合もあります。 いつまでに初詣に行くかは個人の自由のため三が日を過ぎて人出のピークを過ぎてから行ったり、お正月休みが終わってから改めて行きましょう。

カップルで行くと別れる?

神社やお寺によってはカップルで初詣に行くと別れるという言い伝えがあります。女の神様を祀っている神社では神様がカップルに嫉妬して別れさせるという説や付き合い始めて間もないカップルは初詣の長蛇の列に並んでいる間に疲労して話題が尽きてしまうため別れてしまうという説があります。 恋愛がうまくいかないことが必ずしも初詣のせいとは限りません。数多くの神社で縁結びや恋愛成就が祈願されていることからもわかるように、ラブラブなカップルをわざわざ引き裂こうと考えている神社やお寺はないと考えていいでしょう。

お正月に行かないデメリットはある?

いつまでに初詣に行くかは個人の自由ですがお正月に初詣に行かないことで生じるデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。期間限定で授与されるお守りや開運グッズなどがある場合はいつまで取り扱っているかチェックしておくことをおすすめします。いつまでに初詣に行くかによっては欲しい開運グッズを買い逃してしまう可能性があります。 お守りや開運グッズは手作りの場合が多く大量生産できないものもあります。欲しい人が多い場合はいつまでもあるとは限らないため早めにゲットした方がいいでしょう。

初詣へ行って1年の無事を祈願しよう

いつまで初詣に行くかでご利益に違いはありませんが三が日に行くと多くの出店で買い物ができます。お正月気分を堪能したい人は三が日の初詣をおすすめです。いつまでに参拝するかこだわらないなら、混雑を避けて三が日を過ぎてから初詣へ行くといいでしょう。 また、初詣に神社やお寺へ行く際は公共の交通機関の利用がおすすめです。とくに大きな神社やお寺に参拝する際は交通規制のため周囲に車を停められない可能性があります。JRや江ノ電などの一部の鉄道は大晦日や元旦に終日運行している場合もあります。いつまでに電車に乗ればいいのか気になる人は目当ての鉄道会社のサイトで初詣に行く当日の運行状況を確認しましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)