IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書の種類と選び方・免許の書き方・封筒/ハンコ/印刷用紙の種類

転職ノウハウ

仕事に応募する際、必ずと言っていいほど必要になる履歴書。たくさんの種類が売られているけど、どの履歴書を選んだらいいの?履歴書の書き方で失敗しないため気を付けることは?今回はそんな履歴書についての疑問にお答えしていきます。

更新日時:

これだけは押さえたい!失敗しない履歴書の書き方・選び方

履歴書とは仕事に応募する際に会社に自分のことを知ってもらうための大切なツールです。履歴書だけを見て採用か不採用かが決まってしまうこともあるので、履歴書で自分の魅力を最大限にアピールしたいもの。今回はどんな履歴書を選んだらいいのか、そして履歴書の書き方に失敗しないためにはどこに気を付けるべきなのかをご紹介します。

履歴書の種類と選び方

履歴書のサイズ

市販されているサイズは二つ折りにしてA4サイズになるもの(広げるとA3)とB5サイズになるもの(広げるとB4)の二種類があります。 履歴書のサイズは会社から指定がなければ特にこだわる必要はありませんが、A4サイズなら書く欄が広い分、より多くの内容を書き込むことができます。アルバイトやパートならB5サイズでも十分ですが、正社員雇用があるアルバイトに応募したい場合や新卒採用の応募の場合はA4サイズを選んで、できるだけ多くの自己アピールをするのがベターでしょう。

履歴書の種類

履歴書には様々な種類のものがありますが、履歴書の種類で一般的なのはJIS規格(日本工業規格)の履歴書です。学歴、職歴の他に、取得資格、志望動機や自己PR欄などがバランスよく配置されています。 その他にも各社が出している様々な種類の履歴書がありますし、新卒用、転職用などそれぞれの状況に特化した種類の履歴書もあります。会社から指定がない限りはどんな種類の履歴書を使っても問題ありませんが、履歴書の種類によって書かなければならない内容が変わってきますので、自分の書きたい内容に合わせて選びます。

新卒の場合

新卒の場合は特に大学での専攻や研究内容などが重要になることが多いため、履歴書は自分の得意分野をアピールできる種類のものを選ぶのが良いでしょう。新卒者用の履歴書には学業についての欄の他に、サークル活動や趣味など多くのことについて自己アピールできる内容が充実しているので便利です。 また多くの履歴書には職歴を書く欄もありますが、通常新卒応募の際はアルバイトやパートの経験があっても職歴には入れないため、一般的な学生なら職歴はなしになります。履歴書に空白が目立つのは良くないため、職歴の欄が広くとってある種類のものは新卒には不向きです。

転職の場合

転職の場合、まず一番重要なポイントと言えるのが職歴です。応募しようとする会社や業種に関連する業務経験がある場合は、プラスのイメージになることが多くありますし、前職との間にブランクがある場合、その間に資格取得などスキルアップのために行ったことを書き込むこともできます。自分の強みを知ってもらうためにも職歴欄の広い種類を選びましょう。 また会社側は前職を円満に退職できたのか、採用したらしっかり仕事をしてくれるのかなど人柄や考え方にも注目しています。自己アピールができる欄がしっかりある種類を選んで会社に自分自身の長所や熱意が伝わるようにしましょう。

アルバイトの場合

アルバイトの場合は志望動機と勤務できる日数や時間が大きなポイントになることが多いです。アルバイト用の履歴書には希望勤務時間や交通手段などを書き込むことができる欄があるので便利です。アルバイト応募雑誌には履歴書が付録でついていることもあります。 またアルバイトの場合は経験も重要視されることが多いので短期間の仕事でも職歴に書いておくと会社側にプラスのイメージになることもあります。このポイントを押さえて使いやすい種類の履歴書を選んでみましょう。

履歴書を書く時の注意点

履歴書の種類を選ぶことができたら実際に書いていくわけですが、基本的なマナーとしていくつか気を付けるべきことがあります。 まずは履歴書には必ず黒のボールペンを使って書きましょう。また間違ってしまった時に線を引いて書き直したりするのはもちろん、修正テープなどを使うのもNGです。履歴書とは自分の顔のようなもの。汚れていたり雑な字で書かれたりしていると、雑な仕事をする人物なのだという評価を受けることになります。丁寧な字で心を込めて書きましょう。

履歴書に書く資格や免許の書き方

仕事に応募する際に強みになると言える免許や資格。どのように書けば会社側に良くアピールできるでしょうか。

免許を先に書く

通常、免許や資格の欄は一緒になっているので、まずは免許から先に取得順に記入していきましょう。その際、普通車の免許なら「第一種普通自動車免許」、教員免許なら「高等学校教諭1種免許状(英語)」のように免許の正式名称を略さずに書くことが重要です。

資格の書き方

免許の次に持っている資格を書いていきますが、その際はまず国家資格など実施団体の規模が大きな種類から書いていきましょう。認知度やレベルの高い資格ほど良いアピールになります。また資格を書く際にも略称で書かないように気を付けます。例えば英検2級ならば「実用英語検定2級」となります。また現在更に上のレベルに向けて勉強中の資格があればそれも書いておくと会社側に好印象を与えられるでしょう。

履歴書の封筒の選び方

場合によっては履歴書を会社側に郵送することもあるでしょう。市販の履歴書には履歴書を折って入れられる長封筒が一緒に入っていることもありますが、応募書類は折り曲げないのがマナーです。角2号サイズもしくはA4サイズの縦封筒を選ぶと、履歴書を折り曲げずに入れることができます。 封筒の色の種類は無地のものであれば特に気にする必要はありませんが、必ず表に履歴書在中の文字を赤字で書いて四角で囲んでおきます。

履歴書に使う印鑑の種類

履歴書の種類によっては名前の横などに印鑑を押すところがある場合があります。その場合には忘れずに印鑑を押すようにしましょう。履歴書には自分の名字、もしくはフルネームの彫られた印鑑を使いますが、この時は必ず朱肉を使って押すタイプの印鑑を使いましょう。朱肉がなくても押せるスタンプ印はインクの色が薄くなってしまうこともあるので履歴書などの重要な書類には使うべきではありません。 また印鑑を押すのは履歴書を書き始める前にしましょう。書き終わった後に印鑑を押すと、万が一押し間違った場合、初めから全て書き直さなくてはならなくなります。

履歴書をパソコンで作る場合

最近はインターネットで様々な種類の履歴書のテンプレートをダウンロードできますし、自分で履歴書をデザインできるサイトなどもあります。また会社によってはパソコンで履歴書を作成するように指定されることもあります。 パソコンで作成した履歴書は手書きよりも全体的にすっきり見やすく仕上げられるメリットがあります。ただ、会社によっては手書きの文字に相手の人柄や熱意を見るという場合もあるので、会社から指定がなく手書きかパソコンか迷った時は手書きにするのが無難だと言えます。

履歴書を印刷する用紙の選び方

自分でパソコンを使って履歴書を作成した場合は印刷する用紙の種類にも気を配ってみましょう。普通紙のように薄い紙よりも上質紙を選んだほうが会社側に好印象を与えられます。厚さは0.2㎜を目安にすると良いでしょう。サイズは一般的なA4サイズかB5サイズで二枚に分けて印刷しましょう。 コンビニにデータを持っていけば市販の履歴書と同じA3サイズやB4サイズでも印刷できますが、その際の用紙の種類は備え付けの普通紙になるので気を付けましょう。

心を込めて履歴書を書こう

履歴書は自分の顔とも言えるものです。実際に会ったことがない人を履歴書だけで判断しようとした場合、どんなに高学歴の人物でも履歴書の字が雑だったり、マナーを守れていなかったりすると、それだけで採用したくないと思われてしまうかもしれません。 逆に一つ一つの項目をきっちり書いていけば、必ずその熱意が会社側にも伝わるはずです。まずは失敗しないコツを押さえて、真心のこもった履歴書を作成しましょう。

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)