IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車でのBluetoothの活用方法(音楽をきく/通話する)・つなぎ方

家事

車で通話をする際に使用されるBluetooth。使い道がわかる人はいるでしょうか。Bluetoothは通話が主と思われているかもしれませんが、実は音楽を聴くことも出来ます。ドライブを楽しくするためのアイテムmです。使い道について紹介していきます。

更新日時:

車でのBluetoothの活用方法

車で遠出をする際に音楽を聴きたいと考えている方がほとんど。音楽を聴きながら走っているだけで気持ちは楽しくなり、ドライブが楽しめるでしょう。誰もが車で音楽を聴いた経験があり、当たり前となっています。 車で音楽を聴く方法にはCDやDVDが主流です。車に搭載されているカーオーディオにCDやDVDをセットするだけで、スピーカーから音楽を流すことができる聞き方で誰もが簡単に使うことができます。しかし、CDやDVDだと決まった曲しか聞けないので飽きてしまいます。他に音楽を聴く方法は何があげられるでしょうか。 他の方法には車のカーオーディオについているBluetoothの機能を使い、音楽をスピーカーから流す方法。後付けのBluetoothを使い音楽をスピーカーから流す方法があります。知っている人は知っているけど、知らない人はわからない方法です。 Bluetoothを使えば通話もハンズフリーで行うことができて、スマホが普及した世の中にはとても重宝するものといってよいでしょう。Bluetoothの使い方について紹介していきます。

音楽を聴く

Bluetoothの使い方で一番使われている使い方には、音楽を聴くために使われていることが多いです。手軽にできて好きな音楽を流せるので、若者に特に人気があります。 CDやDVDのみで聞く音楽では毎回同じで飽きてしまったり、古くなってくると聞かなくなるという問題があります。毎回新しいCDやDVDを買いそろえるのももったいないのと、物が増えてしまうのであまり好かれません。 Bluetoothを使えばスマホや音楽機器から聞くことが可能になります。なので、Bluetoothを使った新しい音楽や好きな音楽の身を聞ける方法が選ばれるのでしょう。

スマホから聞く

Bluetoothの代表的な使い方はスマホからの転送です。スマホは最近急激に普及し始めて、音楽アプリも豊富なためにCDやDVDよりも重宝されます。普段から音楽機器などで音楽を聴くよりもスマホで聞く人のほうが増え、スマホからのダウンロードが一番多くなっています。一昔前の音楽機器は最近ではあまり見なくなってしまっているでしょう。スマホの影響です。 スマホからBluetoothを通じて音楽を聴くことは、とても簡単で一番楽なので最近では一番使われています。設定などもすぐに終わるので誰でも簡単に準備することが可能です。また、CDやDVDのようにいちいち機会にセットする必要もないので準備する時間も省けます。何よりもスマホのみでつなげることが一番人気の点でしょう。 CDやDVDは本体を持ち歩き好きな曲が入っているものをセットしないと聞けません。しかし、スマホならば一つのアプリの中にいくつか入れることができるので、一台で多様な曲を聴くことが可能で好かれるのでしょう。

音楽機器から聞く

音楽機器というのはスマホが普及する間にとても流行した、音楽を聴くための道具になります。スマホの電源などを気にすることなく音楽を聴けるので、とてもおすすめの道具です。普段の生活の中からスマホと音楽機器を使い分けている方も多く、ラジオを聴いたりと使い方は多様です。普段から聞いているだけあり音楽機器には好きな音楽がたくさん入っていることも。 自分の好きな曲がたくさん入っている場合には、車で聞くときにもとても便利です。好きな曲だけを聞くことができるというのは、ストレス解消にもなりドライブが楽しくなります。 音楽機器はBluetoothをつなぐことが可能なものと、そうでないものがあります。有線でカーオーディオにつなぐことも可能ですので、持っている危機によって聞き方を変えましょう。音楽機器ならば自分の好きな曲を機器に入れておけば、車で好きに聞くことが可能になりますのでお勧めです。

通話するなど

Bluetoothには安全運転をするためにも大切な機能が付いています。それがハンズフリー通話です。車を使う仕事の人、トラックの運転手などが良く使っている方法です。スマホや携帯が普及してきてから車での脇見運転、スマホしながらのながら運転が急激に増えました。誰もが利いたことのあるこの言葉ですが他人ごとではありません。 電話が来た際などにすぐに出てしまう人が多いので、とても危険な運転になりがちです。それを防ぐためにあるのでBluetooth機能です。Bluetoothがあればスマホをいじらなくても電話に出て通話をすることも可能です。安全運転には欠かせない機能なので、ぜひ活用してください。

ハンズフリー通話

トラックの運転手などは特に会社などとの連絡を取るために、電話を活用しますが運転をしながらでは通話はできません。そのような際に活用されるのがBluetoothでのハンズフリー通話機能です。 Bluetoothを使えばハンズフリーで通話をすることが可能です。一回Bluetoothをつなげばそのまま車のスピーカー機能を通じて、相手と会話をすることができます。脇見運転をする心配もないので安心して通話をすることができ、とても活用できるでしょう。 また、友達との待ち合わせの際などに車の中で電話が来た時などにもスムーズに出ることができます。携帯電話をいじりながら運転することは犯罪なので、Bluetoothがあればひっかかりません。車でよく電話をする人には重宝するものといっても過言ではないでしょう。

車での発着信の操作

車の中で通話をすることになった場合に、携帯電話をいじることは禁止されているため通話ができません。携帯電話を少し操作しなければ電話に出ることができないので、困ってしまう人も多いでしょう。 車の中で電話が来たときには、カーナビのBluetoothをつないでおけば携帯電話をいじらなくても電話に出ることが可能です。最近の車のほとんどに、Bluetoothさえつないでおけば通話に出られるボタンが付いています。ただし外付けBluetoothには対応していないものが多いので、発着信の操作は外付けのものではほぼできません。車にもともとついているものならば可能だと覚えておきましょう。 車体についているものなので、確認せずとも押すことができてとても簡単です。通話に出るボタンを着るボタンがあるので、自由に扱うことが可能なのでとても便利でしょう。 またカーナビの中には電話番号を記録できる機能がついているものもあり、自分からかけることも可能です。車の中で携帯電話をいじらなくても簡単に操作ができてしまうので、車を使う仕事の方に重宝されるでしょう。

つなぎ方

Bluetoothを車で使うためには設定をしないと使うことができません。車のカーナビに搭載されているものならば、カーナビのBluetoothと音楽を聴くため、車で通話をするための機器を接続するための設定をしなければなりません。 車と携帯電話、Bluetoothをつなぐためには車はもちろん、携帯電話の設定とBluetoothの設定をする必要があります。設定をしないと使うことができないので、きちんとした設定の方法を覚えておきましょう。間違ってしまうとBluetoothがうまく使えないので、設定を正しくしてください。 Bluetoothは使い方さえ覚えてしまえば使うことは簡単です。Bluetoothを車で活用するための方法について説明していきます。

ペアリング

Bluetooth機器と携帯電話、音楽機器をつなぐときにペアリングという言葉が出てきたことはありませんか。知らなかった人は何かわからなくて、困ったことでしょう。ペアリングはBluetooth機器を使う際には覚えておいた方が良い言葉です。 Bluetoothと携帯電話をつなぐ際に行う作業のことを、ペアリング作業といいます。双方につなぐための許可が必要になり、必ず最初の一回は行わなければならないのがペアリング。 外付けのBluetoothならば携帯電話や音楽機器だけでのペアリング許可で済みますが、カーナビに搭載されているタイプだとそうはいきません。受信する電波が怪しい物ではないかの確認を兼ねて、ペアリング許可をします。 携帯電話や音楽機器、Bluetooth機器の中にペアリングという言葉が出てきたときには、それぞれとつなぐための作業のことだと把握してください。

携帯電話側での設定など

Bluetoothで音楽や通話をするためには携帯電話をBluetoothにつなぐための設定を第一にします。携帯電話がBluetoothを飛ばし受診することが可能かどうか確認しましょう。手順としては下記です。 ・携帯電話のBluetooth機能をオンにする ・Bluetoothの種類を選ぶ まず最初にしなければならないのは、携帯電話のBluetooth機能をオンにします。Bluetooth機能をオンにしなければ受信ができないので、携帯電話の設定をしっかりとしてください。 Bluetoothはたくさんの種類のBluetoothが飛んでいるので、選ばなければつなぐことはできません。違うものにつないでしまうと全く違う電波を受信してしまうので、カーナビや外付けBluetoothと会っているか確認しましょう。

Bluetoothを探す

携帯電話の設定の中に携帯電話や音楽機器とつなぐBluetoothを選ぶ作業があります。Bluetoothというのは今では誰もが簡単に飛ばせてしまう電波なので、自分が飛ばしている電波を把握していなければいけません。 車のカーナビなどにもついていることから使う人は多いです。また、トラックなどの社用車の運転手などはほぼ全員が使っているといっても過言ではないでしょう。それほどまでに便利です。 Bluetoothにはそれぞれ電波ごとに名前があります。自分の車に搭載しているBluetoothの電波の名前を把握して、携帯電話で電波を間違えずつないでください。Bluetooth機能をオンにすると今見つけているBluetoothの電波を表示してくれるので、自分の飛ばしているBluetooth電波の名前のものを設定すれば完了です。

Bluetoothとつなぐのを許可する

Bluetoothと音楽機器や携帯電話をつなぐ際に無線となると、携帯電話へのBluetooth接続許可が発生します。理由は携帯電話などに不正にアクセスされることなどを防ぐためです。 Bluetoothというのは簡単に接続できるゆえ、携帯電話の電波が漏れやすいです。それらを考慮したうえで携帯電話とBluetoothをつなげるのを許可するのかしないのかが、問題となってきます。 特に車は走るので周囲の車と受信する電波が同じだと、ほかの車の人が飛ばしている電波を受信してしまうことも。逆に自分の車の中で飛ばしている電波を、ほかの車の人が聞けてしまうことも。 情報が駄々洩れになってしまう可能性もあるBluetooth。車に乗っていてBluetoothを使うのならば避けられません。車でBluetoothを使う上で必要になってくる手順の、許可問題について説明します。

パスワードがいらない場合

Bluetoothをつなぐ際にパスワードがあるものならば、パスワードを打った人しかつなげずとても安全性も高いです。車にもともと搭載されているものならば、パスワードが必要なことがほとんど。しかし、後から車に取り付ける外付けタイプのものはパスワードがいらないことがほとんどです。 Bluetoothにパスワードがない場合の方法としては、Bluetooth電波を探し見つけた時に携帯電話に名前が出てきます。Bluetooth電波を選択して、つなぐのを許可するかどうか選択が出てくるのでつなぐを選択すれば完了です。また、このような手順がいらないBluetoothもあるのでBluetoothの設定の仕方はそれぞれ。きちんと説明書を見て、つなげる方法は調べましょう。

パスワードが必要な場合

Bluetoothにはパスワードが必要になる機器もあります。簡単につなげてしまうものなので、ほかの人に情報が漏れないようにするためです。 ものには寄りますが、外付けのものはほとんどが付いていません。パスワードが必要なのは車に元から搭載されているBluetoothが多いです。パスワードが必要かどうかは、つないでみればわかりますので、まずはつなげるまでの手段から行いましょう。 Bluetoothを選び設定するときにパスワードが必要だと表示されたら、カーナビなどの説明書、Bluetooth機器の説明書に書いてあります。確認してパスワードを打ち込み確認できれば接続終了です。パスワードがある場合には、パスワードを打ち込むことでBluetoothの使用を許可することができます。

Bluetoothの設定

Bluetooth機器はFMの電波を飛ばすことができます。車はFMの電波を受信できるので電波が合えば、Bluetoothから受信したものを流してくれます。車でBluetooth機器から音楽を流したり電話ができるのは、このためです。 Bluetoothと携帯電話をつなぐためには携帯電話のみで設定を行っても意味があります。しかし、車とBluetoothをつなぐためには少し手間が必要です。携帯電話とBluetoothがつながったとしても、車との接続ができていなければ携帯電話からの音楽は流せないです。 車で音楽を聴くためには携帯電話とBluetooth機器、Bluetooth機器と車をつながなければ成立しません。少しややこしいですが、Bluetooth機器を経由しないと携帯電話と車はつなぐことが不可です。 携帯電話とBluetoothをつなぐための設定は携帯電話のみで行うことができますが、Bluetooth機器と車をつなぐためには双方の設定が必要です。Bluetooth機器の設定方法について説明していきます。

車のFM電波と合わせる

Bluetooth機器から音楽を聴くためには車が受信する電波に合わせなければ違う電波のものが流れてきてしまうので、電波を合わせる必要があります。ラジオなどに決まった電波があるように、Bluetoothにもとばす電波があり車が受信する電波と合わせなければなりません。 Bluetooth機器が車のカーナビに搭載されているものならば、車のカーナビと携帯電話をつなげば終わりです。Bluetoothの設定は必要ないでしょう。 外付けBluetooth機器とつなぐ場合には、外付けBluetoothが飛ばせるFM電波を調べどの電波で飛ばすかを設定します。できるならば車の電波と同じものを選びましょう。もしもなければ好きな電波に決めて、あとは車のほうで電波を合わせればつなぐことが可能です。

車の設定

車のカーナビに搭載されているBluetoothならば、携帯電話とのペアリングがおわれば車側での設定はありません。しかし、車と外付けBluetoothとつなぐ際にはしなければならない設定があります。 車とBluetoothをつなぐためには、FM電波でBluetoothのが電波を飛ばし車がFM電波を受信することで成立します。なので、必然的にBluetoothのが飛ばすFM電波を受信できる必要があります。車の設定はBluetoothの電波と合わせることです。車での設定について説明します。

Bluetoothの電波と合わせる

車での設定はBluetoothが飛ばす電波を受信できるFM番組に合わせることです。そもそも電波の種類があることについて初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。車が受信できる電波というのは、番組が入っている電波だけではありません。番号さえあえばどの電波でも受信できます。 BluetoothとつなぐためにはBluetoothが飛ばせる電波と合わせましょう。合わせ方がわからない場合には、車の説明書や、カーナビの説明書を見れば書いてあります。Bluetoothの電波と車の受信があったところで、初めて音楽を流したり通話が可能になります。

後付けBluetoothの付け方

車のカーナビにBluetoothが入っていれば簡単に設定することが可能ですが、Bluetoothをつないで音楽を流すことができないカーナビも多いです。そのような場合に重宝するのが、後付けのBluetooth。 車屋や電気屋に売っていて取り付け方も比較的簡単です。車でスマホや音楽機器から音楽を聴きたい場合には役立ててください。後付けBluetoothには何種類かありますので、種類別に説明していきます。

直接車のスピーカーに取り付けるBluetooth

AGPTEK カーオーディオ 車載プレーヤー

車のカーナビがBluetoothやCD、DVDなどにつなげない時にあると便利なアイテムです。車についているプラグとつなぐことにより使うことが可能です。後付けBluetoothを使うよりも後付けのカーオーディオを使ったほうが音質も良く、安心して使えるのでお勧めです。 カーオーディオが古くなった際の買い替えなどの際に、チャレンジしてみたくなる商品です。カーオーディオ自体を取り付けるので、音楽を好きな人はとても気になるアイテムでしょう。 カーオーディオを使えばUSB端子などもつなぐことが可能になり、車によく乗る方ならば使っていたらドライブが楽しくなるでしょう。また、カーオーディオの種類によって使えるものも違ってきます。確認しましょう。 とても便利なカーオーディオですが、取り付けが素人には難しいという難点があります。一度、車の中にあるプラグなどを出さなくてはならないので時間もかかります。車に詳しい人などに頼んだ方が安心です。

今まで使っていたカーオーディオはUSBが使えなかったのですが これ1台でCDはもちろんBluetooth、USB、ハンズフリー通話まで 付いているのでありがたいです。 ラジオもAM/FM聴けるようになったので不自由さが解決。 音質も3種類から好みで変えられるし音質にも満足しています。 ちなみに設置は車屋の友人に頼みました。

ナビに取り付けるBluetoothユニット

Dovewill  車載 Bluetooth オーディオケーブル

もともと車にカーナビはついているけどBluetoothに対応していない場合には、カーナビに取り付けるタイプのBluetoothユニットが訳立ちます。車に直接取り付けるタイプのものよりは簡単に取り付けもできるので、初心者にもそこそこ向いているといえるでしょう。 取り付け方としてはカーナビを一度車から外して、裏側に取り付けることが多いです。カーナビの取り外しは簡単なので女性でも簡単にできます。購入する際にはカーナビにユニットを取り付けられるかどうか、カーナビの説明書をよく読んで確認しておきましょう。 何かに取り付けるのが苦手な人だと、取り付けが難しくカーオーディオほどではないですが時間もかかるのであまり気にいられません。しかし好きな音楽を聴けることと値段もピンキリでお手頃なものまであるため、比較的手を出しやすい商品です。カーナビに取り付けが終わってしまえば、後はBluetoothの設定をしていけばよいだけなので重宝します。

シガーソケットにつなぐBluetooth

Comroll FMトランスミッター四角形

Bluetoothを車で使うために後付けする際に、一番簡単なのがシガーソケットにつなぐタイプの商品です。どの車にも必ずついているシガーソケットに差し込めば準備は終わり。あとは設定をすればすぐに使うことができます。 他の後付けのBluetoothだと、一度車のパーツを分解しなくてはならず手間と時間がかかります。シガーソケットタイプのみ車のパーツには手を付けず、差し込むだけなので女性にも手軽でおすすめです。また、値段も手ごろで迷わずに購入できます。 しかし一番館的なものなので電波が良くないことは多々あります。雑音が入ったり他のものよりも音質が下がる可能性も。簡易的なだけあっても通信状態が良くないことは仕方がありません。すぐに使い方や、大掛かりな作業が面倒言った人にはとてもおすすめです。 Bluetooth機能だけでなくUSB端子がついていて、携帯電話の重電などにも使うことが可能です。しかし、あまりたくさんのものをつなげてしまうと熱を持つ可能性もあるので、注意してください。

設定も簡単で便利な商品です。 ありがとうございます。 スマホの充電も出来るから重宝しています。

車で使うBluetoothの難点

車でBluetoothを活用するのはとても便利で良いことですが、時に難点が出てくるとも。使うものならばどのようなものでも必ず難点はあります。Bluetoothの難点は大きく分けて4つです。 ・Bluetoothの電波が同じだと他の車のものが混じってしまう ・車とBluetoothの接触が悪いと音質が悪くなる ・車で走る場所によってはBluetoothの電波が入らない ・外に会話が丸聞こえになっていることも BluetoothはFM電波を飛ばして音楽や通話をするために、それが難点になってしまうことに。具体的にはどのような難点なのでしょうか。

Bluetoothの電波が他の車のものが混じってしまう

車で好きな音楽を聴きながら走るほど楽しいドライブはありません。Bluetooth機器を使えばそれらが可能になり、とても楽しいひと時が楽しめます。 Bluetoothを通じて音楽を聴いていると大好きな音楽だったのに、突然全く違うジャンルの音楽が流れ始めてきた。という経験をしたことのある人もいるでしょう。理由は自分がBluetoothで飛ばしている電波と同じ電波を受信し、同じ電波で飛ばしている車があるからです。 この世に存在する車の台数分、電波があるわけではないので同じ電波で聞いている人もいます。Bluetoothはそこまで強い電波ではないので、近くにいる同じ電波を受信している車に飛んでしまったり、飛んでいる電波を受信してしまったりします。 近くにいる車のみに飛んでしまいますが、防ぎようがありません。FMは全国共通なので同じ電波の車があったらあり得ることだと認識しておきましょう。

車とBluetoothの接触が悪いと音質が悪くなる

シガーソケットに良くある話ですが、後付けできちんと車に搭載されているわけではないので接触が悪くなってしまうこともしばしば。接触が悪いと雑音が入ったりうまく電波が飛ばないこともあります。 カーオーディオやカーナビに後からつけるタイプならば平気ですが、シガーソケットにつなぐタイプだと車の振動などで角度が変わりうまく保てないこともあります。シガーソケットにつなぐタイプはシガーソケットに繋がっていなければ、電源が入りません。少しでも接触が悪くなると音質が悪くなったり雑音が入るのはそのためです。

車で走る場所によってBluetoothの電波が入らない

BluetoothはFM電波を飛ばして車から音楽を流します。そのため電波が悪い場所に行ってしまうと、音楽が流れなくなったり雑音が入る可能性も。 ラジオを聴いているときにトンネルに入ったときなどを想像してみてもらうとわかりやすいです。電波がない場所に行くとBluetoothもうまくつながりません。FMで聞いているということはラジオと同じです。電波が全く飛んでいない場所では電波を受信することが難しくなります。

外に会話が丸聞こえになっていることも

Bluetoothを使った通話機能も重宝されますが、スピーカーなので周囲にもれてしまっていることもあります。自分では気が付かないほど大きな音で通話をしていることもあり、プライベートが駄々洩れに。 通話をする際には音楽を聴いているときよりも、やや小さめの音で聞くと良いでしょう。車の外から聞くと思った以上に大きな音で音楽を聴いていることもあります。自分がどれくらいの音量を出しているのかを把握しましょう。 通話をしている際に他の車に電波が飛んでしまうことはほぼありません。安心して通話してください。

Bluetoothの良いところ

Bluetoothは最先端でとても素晴らしい機能です。誰もが簡単に使えて車で特に大きな活躍をしてくれます。Bluetoothの良いところを4つ挙げます。 ・比較的高音質で音楽を聴くことができる ・好きな音楽を手軽に聞ける ・設定が簡単にできる ・電話が来た時も迅速に対応できる 最後の機能については使っているBluetoothによりますが、どれにしてもとても良い活躍をしてくれます。具体的に良い部分を紹介します。

比較的高音質で音楽を聴くことが出来る

一昔前はCDやDVDで音楽が聴くのが当たり前でした。買うのはもったいないからダビングして聞いていたり、使ったことのある人はたくさんいるでしょう。CDやDVDには難点がありました。それは傷がついたり古くなってくると、音楽が飛んでしまったり流れなくなってしまうこと。大好きな曲だけが利けなくなってしまった時には、気分が落ちます。 しかしスマホや音楽機器から音楽を流せば、飛んでしまうことなどもなく安心して聞くことができます。そしてBluetoothからそのまま飛ばしてくれるので、ネットで音質の良い曲をとればそのまま流してくれます。

好きな音楽を手軽に聞ける

最近ではスマホアプリで簡単に音楽をダウンロードできて携帯ですぐに聞くことが可能です。新しい曲が出てもいちいちCDを買いに行ったり借りに行ったりしなくても、簡単に新しい音楽まで聴けるようになりました。 車の中でも携帯さえあれば簡単に音楽を聴くことができるので、いつでもお気に入りの新しい曲から古い曲までを簡単に流せます。CDのようにたくさんの種類を持っていなくても、好きな曲だけを保存して流すことできるのでとても便利です。

設定が簡単にできる

Bluetooth機器は素人でも簡単に設定ができるものが多いです。スマホを扱っている若い方ならば、比較的簡単にできる操作ばかりでしょう。難しい動作がないのも魅力的。Bluetoothがここまで人気な理由にはやはり、手軽さや簡単さが理由となっています。 誰でも簡単に設定できるので誰もが買いたくなります。簡単にできないものには魅力は感じられません。自分で手軽にできて安いからこその人気といっても過言ではないでしょう。

電話が来た時も迅速に対応できる

運転手の人ならば誰もが一度は経験したことのある、運転中の着信。急な用事だったらどうしようと、着信に出てしまうそうになることも。しかし、通話しながらの運転というのはやはり危ないです。 仕事中ならばなおさらしたくない通話しながらの運転。だからこそほとんどの車にBluetooth通話機能が搭載され、使う人が多いです。安全性を考えてもBluetoothでの会話が一番なので、ほとんどの車にBluetooth機能が搭載されるようになったのでしょう。

楽しくドライブするためにもBluetoothを活用しよう

ドライブをするにしても楽しくなければどこにも行きたくありません。大好きな音楽や懐かしい音楽。ジャンルを問わず簡単に音楽を聴くためのBluetoothを活用して、楽しいドライブにしてください。 事故の多い自動車ですが、Bluetooth機能を他d市区みんなが使えば減っていくでしょう。安全に楽しく過ごすために活用しないとなりません。車というのはもっているだけで便利なもの。車をより幅広く使うため、より楽しめるようにするために最先端のBluetooth機能を使ってみてはいかがでしょうか。

アクセスランキング